家畜人工授精師の資格とは

shikakumatome

「家畜の人工授精を円滑に行う専門家」

家畜(牛、馬、豚、山羊など)のオスから人為的に精子を採取し、これを家畜のメスの子宮に入れて優秀な子供を多数出産させる専門家のことです。扱う家畜それぞれによって免許を別に取る必要があります。

メリット

家畜業を営みたい場合や、家畜の人工受精で畜産業を営もうとしている場合にはメリットは大きいです。

難易度

講習と実技で取得可能のため、易しい

オススメ度:3(5段階中最高が5)

獣医師は無条件で同じ業務を行うことができます。

資格概要

  1. 資格の種類
    • 国家資格(生涯有効)
  2. 受講資格
    • 特に制限なし
  3. 受講内容
    • 各都道府県により内容が異なる。以下は一例として兵庫県の場合
    • 学科講習
      • 一般科目
        • 畜産概論
        • 家畜の栄養
        • 家畜の飼養管理
        • 家畜の育種
        • 関係法規
      • 専門科目
        • 生殖器解剖
        • 繁殖生理
        • 精子生理
        • 種付けの理論
        • 人工授精
    • 実技講習
      • 家畜の飼養管理
      • 家畜の審査
      • 生殖器解剖
      • 発情鑑定
      • 精液精子検査法
      • 人工授精
  4. 受講日
    • 各都道府県によって異なりますので、実施先までお問い合わせください。
  5. 受講場所
    • 全国各地
  6. 受講手数料
    • 各都道府県によって異なりますので、実施先までお問い合わせください。
  7. 受講申請書受付
    • 各都道府県によって異なりますので、実施先までお問い合わせください。
  8. 合格基準
    • 各都道府県によって異なりますので、実施先までお問い合わせください。
  9. 結果発表
    • 各都道府県によって異なりますので、実施先までお問い合わせください。
  10. 免除
    • 牛等の家畜人工授精師免許を持っている場合や大学等で農林水産省が認定した科目を履修された方は、受講を免除されます。
    • 大学により免除の有無、該当科目が異なりますので、各大学にご確認下さい
  11. 問い合わせ先
    • 各都道府県家畜保健衛生所または、県庁畜産課など
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です