実践建築模型認定試験口コミ評判

建築模型

実践建築模型認定試験とは、建築物の設計者のイメージを図面だけでなく目で見える模型で表現するために必要な知識や技術を持った人材であるという証明の資格です。

みなさんが家を建てるとき高いお金を払って購入するわけですから、綿密な打ち合わせはもちろんするかと思いますが、建て始める前に実際のイメージを見ておきたいですよね。

中には楽しみにしておきたいという方もいるかもしれませんが、目で見て確認できるというのは多くの方にとって安心感を生みますし、模型でも自分の家を見られるというのはこれからのイメージが湧きそれからの毎日が少しだけ楽しくなるかもしれません。

購入する側から見てもメリットがありますが、実際家を販売する側からしてもイメージをより具体的に伝えられるというのは、契約前ならぐっと契約の話をしやすくなるでしょうし、あとでイメージと違ったなどのトラブルも回避できます。

そんな両者にとって必須の模型作りですが、やはり知識や技術のない人間が作っても満足できるものを作れる人は少ないでしょう。

企業からしても工作が得意な人間、というだけで雇用するわけにもいきませんから何か客観的に評価されているものが欲しいですよね。

実践建築模型認定試験はそんなニーズに応えられる資格です。

この資格があれば建築事務所などで模型を作る事が可能な人間、という評価を得られることでしょう。

 

日本デザインプランナー協会という機関が実施しています。

 

「未来をデザインする」をキャッチコピーとしたこの協会は、デザイン関連の資格試験を実施しています。

実践建築模型認定試験以外にも、多くの資格を発行しておりインテリア関係やCAD、色についての資格もあります。

建築関連の資格が多いように感じますが、中にはネイルなど女性向けのあり時代の流れに対応した試験を実施しているようです。

これから建築事務所やデザイン関連のお仕事に就きたいという方も、現在就業中の方にも役立つ資格が多いので一度日本デザインプランナー協会の資格試験をチェックしてみるのも良いでしょう。

 

実践建築模型認定試験【試験概要】

 

こちらの試験ですが、

・受験料は1万円

・試験は2か月に1度

・在宅受験が可能

・合格ラインは70%以上の評価

・受験資格は特になし

 

またこの実践建築模型認定試験では1級2級がありますが、どちらも共通です。

試験範囲ですが設計者の意図をわかりやすく伝えるツールである建築模型の製作技術、技能が、1級になると追加で製作者としてのスキルや実践で通用する技術が求められます。

評価は運営本部と事務局がするとのことですので、しっかりと基礎から学べていれば取得できるのではないでしょうか。

試験は筆記ですのでまずは知識をしっかりと身につけましょう。

また、独学が苦手な方は通信講座でもこの資格が取得でき、認定校に指定されているスクールならコースによっては試験免除で確実に取得できるのでそちらも検討してみてはいかがでしょうか。

 

口コミ・評判

 

「実践的な試験内容で、取得後すぐに仕事に活かせた。キャリアアップの希望となった」

「知識はなかったが、建築模型士の仕事に可能性を感じて資格取得を目指すことに。独学が苦手だったので、通信講座を利用した。仕事の合間に無理なく学習できたので、しっかりと知識を身につけられこれから念願の仕事に就ける。」

 

この他にも前向きな評価が多く、注目の集まる資格です。

興味のある方は一度資料請求をしてみたらいかがでしょうか。
建築模型・住宅模型  建築模型・住宅模型

この記事を書いた人