夫婦心理家族心理資格人気比較

夫婦心理家族心理資格人気ランキング

夫婦にとって、一番大切なことは何でしょうか。近年日本の離婚率はついに30%を超え、結婚したカップルの1/3が離婚していると言われています。
もちろん離婚の理由はさまざまですが、結婚した当初から離婚をしたいと思っていたカップルはほとんどいないはずです。
では、夫婦関係をうまく保つためにはどうすれば良いのか、また家族との関わりの中で自分がどう立ち回ればよいのか、まさに現代の課題の1つとなっていますね。
そんな中、夫婦・家族関係をうまく保つために、カウンセラーやセラピーを利用する夫婦、もしくは自らが夫婦心理・家族心理を学び、セルフカウンセリングを行う方も増えてきています。
今回は、そんな夫婦心理・家族心理について学び、資格の取得ができる人気の講座を比較形式で発表していきたいと思います。

1位 夫婦心理カウンセラー

夫婦心理カウンセラーは、さまざまな夫婦問題を対処し、夫婦を最善の方向へと導くスペシャリストです。例えば、夫婦間のトラブルとして多く挙げられる浮気、離婚、失業、DVなどの家庭問題に対しての正しい知識を持つことが、この資格で証明されます。
日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)主催の由緒ある心理資格です。
受講後は、自分のため、もしくは家族のためのカウンセリングに使えるほか、カウンセラーとしての活躍や自宅やカルチャースクールで、家族の心理カウンセリングの講師として活動することもできます。
こちらは夫婦・家族心理カウンセリング資格の中でも、基礎から専門的な知識まで幅広く学ぶことができ、初心者の方でも問題なく進められるカリキュラムになっているため、オススメ度NO.1の資格です。

こちらの資格取得の方法としては、諒 設計アーキテクトラーニングにて、「夫婦心理カウンセラーW資格取得講座」を受講するのがオススメです。
この講座では、最短2ヶ月で、「夫婦心理カウンセラー」と「家族心理カウンセラー」の2つの資格を同時に取得することが可能です。

・受講期間:6ヶ月(最短2ヶ月)
・受講料:59,800円(分割も可能)
・受講料に含まれるもの:受講証、受講マニュアル、完全攻略テキスト、練習問題集/解答用紙、練習問題解答集、模擬試験/解答用紙、模擬試験解答集、添削課題/提出用解答用紙、質問用紙、封筒
・添削:5回

また、忙しくて試験を受けるのが負担であるという方や、試験などが苦手であるといった方向けに、試験の代わりに卒業課題を1回出すだけで、試験が免除となる講座も用意されています。
こちらは、受講料が79,800円です。
興味がある方は以下を参考にしてみてください。

諒 設計アーキテクトラーニング:https://www.designlearn.co.jp/kazokushinri/

同様に、SARAでも最短2ヶ月で2つの資格を取得できる講座が開講されています。
こちらの講座はプロ指導者による個別質問の対応があるほか、通信教育の大手サポートサイトで「輝ける女性部門 第1位」、「女子力アップBeauty部門 第1位」、「美しくなれる通信教育部門 第1位」の3冠を獲得した、女性の通信講座としてまさに今、注目度NO.1となっています。
受講料や受講期間は諒 設計アーキテクトラーニングと同じですので、2つともまずは資料請求をしてみて、より自分に合った方を選択すると良いと思います。

SARA:https://www.saraschool.net/mentality/huuhushinri/

家族心理カウンセラー

家族心理カウンセラーは、日本インストラクター技術協会(JIA)が主催している資格で、夫婦や家族のかかわりなど、家庭の問題についての正しい知識を持ち、かつアドバイスができる技能を有することを証明する資格です。
こちらは、先ほど紹介した「夫婦心理カウンセラーW資格取得講座」で「夫婦心理カウンセラー」と同時に取得が可能となっている資格です。
家族心理学では、家族としての在り方をはじめ、親との接し方、子供との接し方、祖父母との接し方について考えます。
現代ではさまざまな家族の形がありますが、これら家族内の立場的観点や個々の性格的観点から原因や対処法を読み解くことができる知識や、家族間で起きる問題解決に向けて対処する技能などを身につけることができます。
資格試験の概要は以下の通りですが、やはり「夫婦心理カウンセラー」と同時に取得ができる、「夫婦心理カウンセラーW資格取得講座」を受講されることをオススメします。

・受験料:10,000円(消費税込み)
・受験方法:在宅受験(期日までに解答用紙を提出)
・合格基準:70%以上の評価
・受験日:年6回(偶数月)
日本インストラクター技術協会(JIA):https://www.jpinstructor.org/shikaku/kazokushinri/

3位 家族療法カウンセラー

家族療法カウンセラーは、日本能力開発推進協会が認定する資格で、家族療法に関する専門的知識および技能を証明する資格です。
日本能力開発推進協会:https://www.jadp-society.or.jp/course/family/

講座自体は、資格のキャリカレが主催しており、受講料は36,000円です。講座期間4ヶ月の中、現役カウンセラー直伝の豊富なケーススタディで即戦力を身につけることができます。
「テレビ・ゲームに熱中しすぎる子どもにはどう対応したらよいか?」など、実例に基づいたカウンセリングを学ぶことができます。子育て中のママが自分のご家庭で活用できるだけでなく、教育現場・児童福祉施設・医療現場などさまざまな家族を取り巻く環境でのお仕事にも有効となっています。
女性のキャリアアップとして、この資格を取得する方もいるようです。レビューの評価も良く、満足度の高い講座内容になっています。
資格のキャリカレ:https://www.c-c-j.com/courses/psychology/family/

4位 夫婦カウンセラー

夫婦カウンセラーは、夫婦間の問題に対し心理的に悩める人、離婚等の問題を社会的観点からサポートできるようなカウンセリング知識および技能を有することを証明しています。家族療法夫婦カウンセラーの資格と同様に、日本能力開発推進協会が認定する資格です。
日本能力開発推進協会:https://www.jadp-society.or.jp/course/couple/

こちらも受講自体は、資格のキャリカレが主催をしています。
こういった資格の学習は、途中で飽きてしまうこともありますが、こちらの講座では、イラスト満載のテキストと、ドラマ仕立てのDVD教材で誰でも最後まで楽しく学習することができます。
資格に初めてチャレンジをする方、これまで資格取得を目指していて途中で断念したことがある方は、是非一度こちらを試してみてください。
資格のキャリカレ:https://www.c-c-j.com/new_p/course/01_fufu/

5位 家族相談士

家族相談士は、家族相談に関する専門的知識を持ち、家族関係の調整や、健康な家族をつくるための助言、指導、啓蒙活動を行います。
この資格は、NPO法人 日本家族カウンセリング協会が認定を行っています。
こちらは一般の方向けではなく、受講資格に該当する方のみが認定講座を受講することができるようになっています。
例えば、心理・医療の専門職であること、心理学等を学んでいる大学生などの規定があり、誰でも受講ができるわけではありませんので、注意が必要です。
また、この講座は通信学習ではなく、21日間の講座を会場にて受講する形式となっています。
そして受講料は、172,800円と少々高めです。しかし、大学教授・メンタルヘルスセンター長などが講師を担当されるため、しっかりとしたカリキュラムで本格的な家族カウンセリングを学ぶことができます。
講座は土曜日または日曜日に行われ、7ヶ月間かけて開催されます。
以下から受講資格を自分が満たしているか、また講座の詳細が確認できますので参考にしてみてください。
NPO法人 日本家族カウンセリング協会:http://www.j-f-c-a.org/soudanshi-kouza.html

いかがでしたでしょうか。
夫婦心理・家族心理を学びたい、という方であればせっかくなので、ここまでに挙げた資格を取得することをオススメします。特に、通信によって自宅受講できるコースも多いため、仕事や家事のスキマ時間を利用して勉強を進めれば、半年程度で1つや2つ、誰でも簡単に資格を取得することが可能です。
自身の家庭問題や、悩める友人の相談、仕事等幅広いシーンで活用できる資格ばかりです。
興味を持たれた方は、是非一度検討してみてはどうでしょうか。
夫婦心理家族心理学  夫婦心理家族心理学

この記事を書いた人