夢鑑定士口コミ評判

和食

こんにちは。今回は占いの方面からの資格をご紹介します。一時期手相占いが、流行ったり、朝の番組では、その日の運勢占いがあったりと、今も昔も、占いには根強い人気があります。

もちろん、人によっては全く信じない方もいれば、風水にはこだわる人、占いなら何でも信じる人、占いに対する価値観というには人それぞれだと思います。しかし、多くの方にとって占いは、信じる信じないにかかわらず、少し、気にしたり、心の隅においていたりするものです。受験の前や、元旦にお参りに行ったりする日本の文化では、そういったものを大事にする文化があるのも事実です。そこで、今回はそんな日本人の方にとってほしい資格があります。それは夢占いセラピスト。知っている方も、そうでない方も、この記事を読んで、興味を持たれたら幸いです。

夢鑑定士とは

今回紹介する夢セラピストとは、その名の通り、夢の内容をもとに、その夢がどんなことを暗示しているのか、また、これがこの資格の大きな特徴ですが、その夢を見た人に、夢に関してのカウンセリングをすることが、この資格を取得して可能になるのです。単に夢の内容をもとに占うのではなく、心理学的にその夢がその人にどのような心的状況を表しているのかを伝え、今後の生活への、アドバイスをするという、一種のカウンセラー色の強い資格となっています。自身の生活の支えにするのも良いですし、趣味の一環として、勉強するのもありですし、心理学関係の職に就いている方は、自身の学に厚みをもたらせるものになるでしょうし、講師として、独立することも可能です。夢という、目に見えない一見曖昧なものをより、明確に捉え、生活に生かせるこの資格は、最近人気が上がってきています。

次にどうすれば、夢鑑定士の資格が取れるのか、その試験制度と、勉強法を口コミをもとに書かせていただきます。

口コミ評判

ここから、夢鑑定士の口コミ評判をまとめさせていただきます。

夢鑑定士の認定資格は日本メディカル心理セラピー協会が試験を開いており、ネット申し込みが可能です。さらに、ここが普通の資格とは異なるのですが、試験も自宅で受けることができます。郵送で送ってきた問題と解答をご自宅で解き、郵送で送って採点してもらうことが可能なのです。また、試験も2カ月に1回で開かれており、テストとテストの間隔がかなり短く、仮に不合格でも、またすぐに再トライしやすいものとなっています。また、再チャレンジのことを述べましたが、通信講座などの王道の勉強法を取り入れていた方は、よほどのことがない限り、不合格ということは起きにくいものになっているので、そこまで心配することもありません。

この言い方だと、独学がまるでダメかのような言い回しですが、もちろん独学もOKだと、個人的には思っています。自らの確立した勉強法がある方はそちらの方がいいかもしれません。しかし、夢鑑定士とは独自性の高い資格であるのも事実ですので、なかなか、参考書が見つからなかったりするかもしれません。そういった手間ひまを考えれば、通信講座の方が効率がいいのかもしれないです。私自身、通信講座会社の関係者ではないのですが、多くの受講生の方が通信講座を押していました。諒設計アーキテクトラーニング通信講座や、SARA SCHOOL JAPANなどの通信講座は夢鑑定士の資格対策講座を用意しています。多くの受験生、合格者がいっていたのは、テキストの質です。ポイントを抑えた効率の良いテキストは、仕事や学業に追われている方にもおすすめです。もしも、独学と通信講座悩んでいる方がいらっしゃいましたら、ぜひとも通信講座の利用を勧めます。一度、諒設計アーキテクトラーニング通信講座や、SARA SCHOOL JAPANなどの資料などをご覧ください。また、通信講座についての記事もネットにはあるので、それを見て考えるのもいいとおみます。最後まで読んでいただきありがとうございます。いかがでした? もしも、興味を持たれたわぜひとも挑戦してみてください。その際は合格することを切に願っています。
夢占い  夢占い

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です