塩資格人気比較

塩

塩は、私たちの食生活において欠かせない調味料です。日本・海外問わず、ほとんどの料理は味付けに塩を使い、味噌や醤油などの他の調味料を製造する際にも必要になります。
保存料としても優秀で、塩には食べ物の腐敗防止や発酵の調整などの効果があります。冷凍保存の技術が無い時代には、塩を使って漬物や干物として食料を保存していました。

塩は私たちが生活する上でなくてはならないエネルギー源の一つです。しかし、今では塩分の過剰摂取を危惧し、「減塩」を謳う商品が次々と開発されています。それが原因となって、過剰な減塩によって起きる「減塩病」が増えてきています。
塩分の摂取量が少ないと、体液バランスが崩れてしまいます。しかし、摂りすぎは高血圧などの症状を起こす可能性が高まります。

これだけ身近な調味料であるにもかかわらず、塩分の適切な摂取方法や使用方法が、正しく知られていないのが現状です。
そこで、塩についての知識と見解を深められる資格を挙げてみました。塩の正しい使い方から減塩の方法、成分や味、効能まで学習できます。
「塩」の正しい知識を得たいという一般の方々だけでなく、料理人や食品開発など食品に関わる業務に携わっているプロの方々も、塩について一から学んでみてはいかがでしょうか。

★.美塩ソムリエ

日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の資格です。塩に関する様々な知識を有していることを証明します。

塩の歴史や製法や塩ごとの種類や性質、塩の味や効果なといった基本的な知識のほか、梅干しや漬物など地方独自の塩を使った特産品、様々な塩の利用方法といった、塩の活用についての知識が問われます。
また、塩にまつわる故事やことわざ、日本や海外の塩二塁手、人体の健康維持に必要な塩分摂取量、生物の健康に及ぼす塩分の影響など、調理の活用以外にも幅広い知識を要求されます。

資格取得後、飲食関係の仕事や料理において、その知識を活用することが出来ます。塩についての基本的な知識を付けたい方や、その知識を役立てたい方におすすめする資格です。

食塩アドバイザー

日本インストラクター技術協会(JIA)主催する資格です。食塩に関する様々な知識を有していることが証明されます。に美塩ソムリエよりも、食事関係に特化した内容の資格になります。

塩を使う料理の特徴や塩の使用法、塩の種類・性質や含まれる栄養素、食塩を利用した食材の加工・保存方法など、塩の使用に関する基礎知識のほか、減塩食品について食塩の基準や規格、商品の表示や賞味期限など、塩を使用した食品を見極めるための理解が問われます。

資格取得後は食塩アドバイザーとして、欲品に関わる仕事に資格の活用ができます。また。カルチャースクールなどで講師活動が行えます。
料理を作る際の塩の使い方や、普段の食事における適切な塩分量など、塩を摂取する上で必要な知識を学びたい方におすすめします。飲食関係の仕事の就いている方や、料理を業務としている方には、是非とも取得していただきたいです。

ソルトマイスター

一般社団法人 日本ソルトマイスター協会主催の資格です。協会では「健康で湯垢な食生活の向上」のために、「塩」についての正しい知識と、それを教授する「ソルトマイスター」の育成に全力で取り掛かるという理念を掲げています。
協会公認認定資格は、「ソルトベーシッククラス」「ソルトマイスター」「プロフェッショナルソルトマイスター」の3つに分けられています。

ソルトベーシッククラスは一般の方や初心者の方に向け、塩についての知識を得る「きっかけ」として開設された、「塩」に関する「基礎科」という立ち位置のクラスになります。
ソルトマイスターは、プロフェショナルソルトマイスターの元で研鑽を積み、推薦状を授与されたプロの料理人や塩・料理の研究家といった専門の方を協会独自の基準で選手・審査し、今後の活躍に期待できると認められた方を、ソルトマイスターとして認定します。
プロフェッショナルソルトマイスターは最上位の認定資格となります。その名の通り、塩のプロフェッショナルとしての高い基準が求められます。

食事・料理関係の業務に携わるプロ向の方の更なるキャリア・スキルアップに向いている資格ですが、初心者の方もまずベーシックの認定を受け、そこから塩についてのプロフェッショナルを目指してみるのも良いでしょう。

塩マイスター

日本塩ソムリエ協会の主催する資格です。

地域に王手「塩ソムリエ講座」を開催できるソルト医学やセラピーなど、好悪な応用技術の習得が可能です。また、沖縄での塩づくりの実地研修があり、塩の知識を得る上で貴重な経験になるでしょう。

資格取得後は、本格的なビジネス活動が可能になります。
まず、本部認定講師として、塩ソムリエ講座の開催資格を得られます。その他、塩マイスターの店として、塩ソムリエの店の上位クラス展開や支店の開設、ホームページでの案内活動国威、ショップPRなどが可能になります。

塩に関する内容に初めて触れる人よりも、すでに塩についての理解がある人向けの資格です。自分の知識を最大限に生かし、より高度で本格的な活用法を学びたいと考えている方は、是非取得をお勧めします。

塩ソムリエ

上記の塩マイスターと同じく、日本塩ソムリエ協会主催の資格です。

カリキュラムは全部で「潮の歴史」、「塩選びのポイント」、「潮の製法と種類」、「暮らしと塩」、「美容と健康と塩」、「試験・論文提出」の6つです。この資格を取得することで、塩についての基礎を身に付けることが出来ます。

資格の取得後は、協会認定の「塩ソムリエ」の肩書で発動が可能になります。また、ソルトバンク事業に登録でき、塩ソムリエの店を開設することが出来ます。
その他、塩ソムリエへのサポートも充実しており、日本健康長寿応用医学会ならびに提携学会主催セミナーやイベントへの参加特典を得られます。
既にこの知カウを所持していて、更なる活動を考えている方は、キャリア・スキルアップを目指し塩マイスターの資格取得を検討してみると良いでしょう。
塩資格  塩資格

この記事を書いた人