型枠支保工組立作業主任者の資格とは

shikakumatome

「型枠支保工の組立て、解体を指揮する専門家」

型わく支保工(支柱、はり、つなぎ、筋かい等の部材により構成され、建設物におけるスラブ、けた等のコンクリートの打設に用いる型わくを支持する仮設の設備をいいます。)の組立て又は解体の作業を行う事業場で有資格者が必須となります。

メリット

コンクリートの打設等のための仮設の設備であるがゆえに、不完全な施工は命取りになり、工程上においても狂いを生じさせます。そのため有資格者は給与面でも優遇される可能性があります。

難易度

講習と終了考査で取得できるため易しいと言えます

オススメ度:4(5段階中最高が5)

作業環境についての知識は当然ですが、法令や現場の作業員を教育する知識も必須となります。

資格概要

  1. 資格の種類
    • 国家資格(生涯有効)
  2. 受講資格
    • 大学、専門、高校の土木、建築、農業学科卒業後、2年以上の実務経験者
    • 職業能力開発訓練の建築・ブロック建築課程終了後、2年以上の実務経験者
    • 実務経験、3年以上の者。など
    • その他細かな規定は、実施先までお問い合わせください
  3. 受講内容(2日間/13時間)
    • 作業の方法に関する知識(7時間)、
    • 工事用設備、機械、器具、作業環境等に関する知識(3時間)、
    • 作業者に対する教育等に関する知識(1時間30分)、
    • 関係法令(1時間30分)、
    • 修了試験
  4. 受講日
    • 各実施先までお問い合わせください。
  5. 受講場所
    • 全国各地
  6. 受講手数料
    • 実施先及び免除科目によっても異なりますので、実施先へお問い合わせください
  7. 受験申請書受付
    • 各実施先までお問い合わせください。
  8. 結果発表
    • 各実施先までお問い合わせください。
  9. 科目免除
    • 型枠支保工の組立て等作業主任者技能講習規程第1条1,2,4号に掲げる者は、作業の方法に関する知識及び、工事用設備、機械、器具、作業環境等に関する知識が免除されます
    • 普通職業訓練のうち建設科、ブロック建築科の訓練又は、能力再開発訓練の建設科、型わく科、ブロック建築科の訓練)を修了した者は、作業の方法に関する知識及び、工事用設備、機械、器具、作業環境等に関する知識が免除されます
    • 技能検定職種のうち、ブロック建築、又はとびに係る1級又は2級の技能検定に合格した者は、作業の方法に関する知識及び、工事用設備、機械、器具、作業環境等関する知識が免除されます
    • 建設科、建築科、建築ブロック科、又はとび科の職業訓練指導員免許を受けた者は、作業の方法に関する知識及び、工事用設備、機械、器具、作業環境等に関する知識が免除されます
  10. 問い合わせ先
    • 一般社団法人 日本鳶工業連合会
    • 〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-20
    • 電話:03-3434-8805
    • ホームページ:http://www.nittobiren.or.jp/
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です