在宅診療報酬事務管理士の資格とは

shikakumatome

「医療保険と介護保険をともに理解する在宅医療報酬の専門家」

我が国の医療は「入院医療」から「在宅医療」へと大きくシフトしています。これに伴い、「在宅医療」は医療提供の重要な柱の一つとなりました。医療保険と介護保険の両制度が複雑に絡み合う在宅医療を担う医療機関では、在宅診療報酬を理解し、正確な請求事務を行える人材を求めています。「在宅医療」は医療保険と介護保険の両制度が複雑に絡み合い、その算定は在宅診療を理解し正確な請求事務が必要となります。本試験は医療・介護保険制度と在宅診療報酬算定スキルをはかる認定試験です。

メリット

1947年から1949年に生まれた「団塊の世代」といわれる人たち全てが2025年に後期高齢者となり、在宅医療の重要性が増しています。来るその時代に、有資格者は重宝されるはずです。

難易度

未公表ですが比較的易しいとされています

オススメ度:3(5段階中最高が5)

今後ますます増える在宅医療分野の為、注目される資格の一つです。

資格概要

  1. 資格の種類
    • 民間資格
  2. 受験資格
    • 特に制限なし
  3. 受験内容
    • 学科試験(選択式)
      • 法規(医療保険制度、介護保険制度、公費負担医療制度についての知識)
      • 保険請求事務(診療報酬点数・介護報酬単位数の算定方法、診療報酬・介護報酬明細書の点検、医療・介護用語等についての知識
  4. 受験日
    • 1月・7月の第4土曜日翌日(日曜日)
  5. 受験場所
    • 在宅受験
  6. 受験手数料
    • 2,100円(税込)
  7. 受講申請書受付
    • 申請書をホームページよりダウンロードして申込
  8. 合格基準
    • 80点以上の得点
  9. 結果発表
    • 試験実施後1か月以内に文書にて通知
  10. 問い合わせ先
    • 技能認定振興協会(JSMA)
    • 〒101-8638 東京都千代田区神田佐久間町3-2 ソラスト秋葉原ビル2階
    • 電話番号:03-.3864-3559
    • ホームページ:http://www.ginou.co.jp/Default.aspx
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です