土壌汚染調査技術管理者の資格とは

shikakumatome

「土壌汚染調査の実施・管理監督の技術専門家」

土壌汚染という分野での初の国家資格になります。土壌汚染の調査は、試料の採取地点の選定や採取方法等により結果が大きく左右されるため、調査結果の信頼性を確保するためには、調査を行う者に一定の技術的能力が求められますのでその資格となります。

メリット

建築・土木・設備会社や環境コンサルタントなどへの就職・転職が考えられます。土壌汚染対策法に基づく指定調査機関に設置が義務付けられている技術管理者です。

難易度

ここ5年の合格率は、10~20%の間を推移しています。

オススメ度:4(5段階中最高が5)

試験合格後、1年以内に登録できない場合、試験合格が無効となります。そのためにも実務経験が3年以上必要です。

資格概要

  1. 資格の種類
    • 国家資格(生涯有効)
  2. 試験資格
    • 特になし
    • ただし合格しても実務経験3年がないと「技術管理者」の登録ができません。さらに、試験合格から1年以内に登録できなければ試験合格は無効となるので注意が必要です。
    • 技術管理者証交付要件
      • 次のいずれかに該当する者
        • 土壌の汚染の状況の調査に関し三年以上の実務経験を有する者
        • 地質調査業又は建設コンサルタント業(地質又は土質に係るものに限る。)の技術上の管理をつかさどる者
        • 土壌の汚染の状況の調査に関し、上記に掲げる者と同等以上の知識及び技術を有すると認められる者
      • 次のいずれにも該当しない者
        • 次項の規定により技術管理者証の返納を命ぜられ、その返納の日から一年を経過しない者
        • 法又は法に基づく処分に違反し、刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から二年を経過しない者
        • 土壌汚染対策法第四十二条 の規定により指定を取り消され、その取消しの日から二年を経過しない者
  3. 試験内容(筆記試験/マークシート択一式)
    • 土壌汚染の調査に関する技術的事項
    • 土壌汚染の対策並びに汚染土壌の搬出、運搬及び処理に関する技術的事項
    • 土壌汚染対策法その他環境関係法令に関する事項
  4. 試験日
    • 11月中旬
  5. 試験場所
    • 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡
  6. 受験手数料
    • 6,400円
  7. 試験申請書受付
    • 7月中旬から8月中旬
  8. 合格基準
    • 以下のすべての条件を満たすことで合格となります
      • 総得点の65%以上の得点率
      • 問題区分別得点率をすべて30%以上満たすこと。
  9. 合格発表
    • 12月下旬
  10. 問い合わせ先
    • 環境省土壌汚染調査技術管理者試験 運営事務局
    • 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館
    • 電話:03-5610-3150
    • ホームページ:https://www.env.go.jp/water/dojo/kikan/exam.html
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です