和裁検定の資格とは

shikakumatome

「和服を仕立てる知識、技能を認定する試験」

着物の仕立てなど、和裁の知識と技能を審査します。着物伝統文化の継承のため、技術の向上、和裁文化の普及振興を図っています。

メリット        

和服を仕立てる針仕事のプロとして活躍することが可能かと思いますが、有資格者と言うだけで就職できるわけではありません

難易度

近年の合格率は、1級で約7%、2級で約52%、3級で約59%、4級で約91%

オススメ度:3(5段階中最高が5)

資格がないと仕事ができないわけでは無いが、独立などする場合は、信頼度から取得した方が望ましいと思われます。

資格概要

  1. 資格の種類
    • 公的資格
  2. 受験資格
    • 制限なし
    • 1級受験者は、東商検定もしくは国家検定の2級取得者であること。
  3. 試験内容(制限時間)
    • 1級
      • 部分縫い(3時間)
        • 被服の種類に関する出題区分表の範囲から
      • 筆記試験(50分)
        • 職業としての和裁の常識と裁断図解、
        • 被服の種類に関する出題区分表の範囲から
      • 実技試験(8時間30分)
        • 女子用あわせ長着
        • 広えりで別付けとし寸法は指定しない
        • 材料はつむぎ以外の絹布(羽二重・りんず・ちりめん等)とする
    • 2級
      • 実技(6時間30分)
        • 女子用あわせ長着
        • 広えりで別付けとし寸法は指定しない
        • 材料はつむぎ以外の絹布(羽二重・りんず・ちりめん等)とする
      • 部分縫い(3時間)
        • 被服の種類に関する出題区分表の範囲から
      • 筆記試験(50分)
        • 職業としての和裁の常識と裁断図解、
        • 被服の種類に関する出題区分表の範囲から
    • 3級
      • 筆記試験(20分)
        • 職業としての和裁の常識と裁断図解、
        • 被服の種類に関する出題区分表の範囲から
      • 部分縫い(30分)
        • 被服の種類に関する出題区分表の範囲から
      • 実技(5時間45分)
        • 女子用あわせ長着
        • 広えりで仕立て・寸法は指定しない
        • 材料は自由
    • 4級
      • 筆記試験(20分)
        • 和裁の常識と裁断図解、
        • 被服の種類に関する出題区分表の範囲から
      • 実技(3時間30分)
        • 女子用浴衣
        • ばちえり仕立て・寸法は指定しない
  4. 受験日
    • 9月中旬(1級、2級は2日間)
  5. 受験場所
    • 1級:東京
    • 2級・3球・4級:高松市、佐世保市
  6. 受験手数料
    • 1級:16,200円(全科目受験)、14,040円(2科目受験)、10,800円(1科目受験)
    • 2級:14,040円(全科目受験)、11,880円(2科目受験)、8,640円(1科目受験)
    • 3球:10,800円(全科目受験)、8,640円(2科目受験)、6,480円(1科目受験)
    • 4級:5,400円
  7. 受験願書申し込み受付
    • 6月中旬から6月下旬
  8. 合格基準
    • 実技
      • 100点満点中70点以上
    • 部分縫い
      • 100点満点中70点以上
    • 筆記
      • 100点満点中70点以上
  9. 結果発表
    • 10月上旬
  10. 免除
    • いずれかの科目が合格の場合は科目別合格となり、次回以降の受験は、合格科目が免除されます
    • 職業能力開発促進法に基づき都道府県職業能力開発協会が行う和裁に関する1・2級国家検定合格者は、所定の手続をすることにより該当する級の実技が免除されます
  11. 問い合わせ先
    • 東京商工会議所検定センター
    • 電話番号:03-3989-0777
    • ホームページ:http://www.kentei.org/
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です