和裁技能士の資格とは

shikakumatome

「和服を仕立てるための知識と技術を持った専門家」

国家検定制度である技能検定のひとつで、この検定に合格している人だけが、「和裁技能士」を名乗ることができます。単に和裁士と呼ばれることもあります。 着物に対する専門知識だけでなく、実際に仕立てをおこない、一着の着物を製作するスキルを認定します。そのため、和装に関わる知識、素材に関する知識も必要とされます。1級から3級までの段階があります。

メリット

和裁を請け負う呉服店、和裁教室への就職などが考えられます。

難易度

合格率は、1級で50~60%、2級で60%程度、3級で80%程度

オススメ度:3(5段階中最高が5)

自宅で和裁教室開校など独立も可能です。しかしながら高収入が約束されるわけでは無い。

資格概要

  1. 資格の種類
    • 国家資格
  2. 受験資格
    • 1級
      • 7年以上の実務経験
      • 専門高校卒業後、実務経験が6年
      • 2級合格後、実務経験が2年(専門過程の高度職業訓練など一部の教育課程修了の場合は1年)
      • 3級合格後、実務経験が4年(一部の教育課程修了の場合は2年または1年)
    • 2級
      • 2年以上の実務経験または所定の学校にて学科修了
    • 3級
      • 半年以上の実務経験または所定の学校にて学科修了
  3. 受験内容
    • 1級
      • 学科試験
        • 和服製作法
          • 裁断の方法、縫製の手順及び方法、採寸、和服の制作に使用する機械及び器工具の種類及び使用方法
        • 材料
          • 和服の材料の種類、特徴及び用途
        • 和服一般
          • 和服の種類及び特徴、和服の手入れ及び保存の方法、和服に使用する織物の種類、組織及び用途、染物の種類及び特徴、日本工業規格に定める繊維用語
        • 服飾美学一般
          • 色彩、着装法
        • 安全衛生
          • 安全衛生に関する詳細な知識
      • 実技試験
        • 女子用袷長着付け下げの縫製(上前に模様合わせのあるもの)
        • 表 上前おくみ付け えり付け
        • 裏 えり付け
        • まとめ
    • 2級
      • 学科試験
        • 和服製作法
          • 裁断の方法、縫製の手順及び方法、採寸、和服の制作に使用する機械及び器工具の種類及び使用方法
        • 材料
          • 和服の材料の種類、特徴及び用途
        • 和服一般
          • 和服の種類及び特徴、和服の手入れ及び保存の方法、和服に使用する織物の種類、組織及び用途、染物の種類及び特徴、日本工業規格に定める繊維用語
        • 服飾美学一般
          • 色彩、着装法
        • 安全衛生
          • 安全衛生に関する詳細な知識
      • 実技試験
        • 女子用袷長着の縫製
        • 左袖
        • 表 えり付け
        • 裏 えり付け
        • まとめ
    • 3級
      • 学科試験
        • 和服製作法
          • 裁断の方法、縫製の手順及び方法、採寸、和服の制作に使用する機械及び器工具の種類及び使用方法
        • 材料
          • 和服の材料の種類、特徴及び用途
        • 和服一般
          • 和服の種類及び特徴、和服の手入れ及び保存の方法、和服に使用する織物の種類、組織及び用途、染物の種類及び特徴、日本工業規格に定める繊維用語
        • 服飾美学一般
          • 色彩、着装法
        • 安全衛生
          • 安全衛生に関する詳細な知識
      • 実技試験
        • 女子用袖無双袷長襦袢または胴抜き長襦袢の縫製
        • 左袖
        • えり付け(別えり)
        • まとめ
  4. 受験日
    • 学科試験:1月下旬
    • 実技試験:12月上旬から2月中旬までの間
  5. 受験場所
    • 北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、富山、石川、福井、山梨、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄
  6. 受験手数料
    • 学科試験:3,100円程度
    • 実技試験:17,900円程度
  7. 受講申請書受付
    • 10月上旬から中旬
  8. 合格基準
    • 以下の双方の条件を満たすことで合格となります。
      • 学科試験:100点満点中、60点以上の得点
      • 実技試験:100点満点中、65点以上の得点
  9. 結果発表
    • 3月中旬
  10. 免除
    • 取得している資格によって免除科目があります。詳しくは中央職業能力開発協会
    • のホームページをご覧ください
  11. 問い合わせ先
    • 中央職業能力開発協会
    • 〒160-8327 東京都新宿区西新宿七丁目5番25号 西新宿木村屋ビルディング
    • 電話番号:03-6758-2859
    • ホームページ:http://www.javada.or.jp/
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です