リフレクソロジスト認定試験口コミ評判

毎日の疲れやストレスを癒すために、皆さんはどのような解消法をされていますか?身体を動かしたり、カラオケに行ったり、たまにはアルコールのをたしなむ方もいらっしゃるかと思います。それか疲れやストレスのたまった身体をマッサージするというのも、ゆっくりとした時間を過ごすことができます。

このマッサージにインストラクターの資格があります。それは健康リフレストロジーインストラクターと呼ばれるしかくなのですが、リフレクソロジーとはどのようなものなのでしょうか。

リフレクソロジーとは

リフレクソロジーは直訳するとリフレックスが反射、ロジーが学問なので、反射に関する学問ということになります。人の身体の神経や臓器、骨といった各部分は手や足と反射関係にあるという考えに基づき、足にある反射ポイントをマッサージして刺激することによって身体の機能を活発にし、人が本来持っている自然治癒力を引き出して健康の回復、維持、増進を図るマッサージ法のことをリフレクソロジーといいます。また、身体の機能の回復だけでなく、リラクゼーション効果もあるとされて、心も癒してくれるそうです。

リフレクソロジーには大きく分けて東洋式と西洋式があります。テレビ番組で関節や道具を使って足裏のツボを押さえて出演者が痛がっているマッサージがありますが、この痛みを伴うマッサージの方が東洋式です。西洋式は、痛みもストレスの元になってしまうという考えから、足裏をまんべんなく刺激し、眠たくなるような気持ちの良いマッサージを行います。

足は第2の心臓と呼ばれ、足を刺激して全身の血行を良くすることで血液やリンパの流れをよくし、老廃物の排出を促します。

リフレクソロジスト

リフレクソロジストは手、足、耳の反射区を正確に把握し、それぞれの部分が身体のどの部位に対応しているかを意識してマッサージを行わなくてはいけません。そのための身体に関しての知識や、英国式、タイ式、台湾式、ドイツ式のマッサージを習得し、身体の状態に合わせ、ツボかリフレクソロジーかのマッサージ方法をを選びます。ツボと反射区の特長をうまく組み合わせて、身体の不調を改善し、リラックス効果によって心を癒すことができます。

リフレクソロジスト認定試験

リフレクソロジストは、日本インストラクター技術協会という団体が主催している試験に合格することによって資格を得ることができます。受験資格は特にはなく、日本インストラクター技術協会のホームページより受験の受け付けが行えます。受験料は税込み10,000円になっており、受験月の前の月に申し込みができます。受験は2か月に1回、偶数月に行われており、受験期間は5日間です。試験に必要な書類が送られてくるので自宅で受験することができます。全問題の70%以上正解していると合格になります。合否については1か月後、郵送されてきます。

ただし、試験勉強のための教材がないため、自分で探して独学で学んだり、通信講座を受けるなどして勉強する必要があります。

リフレクソロジーで癒す

リフレクソロジストの資格を取得すると、自宅やサロンにてインストラクターとして施術を施すことができます。

ある主婦の方は子供たちが成人して育児が終わり、時間にゆとりができたのでリフレクソロジストの資格を取得され、商売としてではなく家族にリフレクソロジーを施していらっしゃるそうです。また、もともとリフレクソロジーの施術を受けていた会社勤めの方は、仕事の合間に勉強を行いインストラクターの資格を取得され、自宅にて自分でマッサージを行えるようになり、出費を抑えることが出来て、その上身体を癒すことができるので喜ばれていました。

このように、リフレクソロジストは職業として活躍する場もありますし、自宅で自分や家族に施すこともできる、とても心と身体に嬉しい資格です。

この記事を書いた人