つぼ押し士口コミ評判

つぼ

就業前の学生だけでなく、社会人の方でも転職に備え資格習得目指す人が増えてきています。しかし、どの資格を目指せばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。数ある資格の中からどれが自分に向いていて、より有用なものか考えるのは難しいですよね。

そんなお悩みを抱えている方にぜひおすすめしたいのが“つぼ押し士”です。健康志向が高まる現代社会で非常に注目されている資格です。資格習得後は講師として活動できるだけでなく、自分自身の健康にも繋がるものとなっています。

つぼ押し士とは

日本インストラクター技術協会が認定している資格の一つです。反射区の位置を正確に覚え、体のどの部分がどこに反応しているかなど反射区を常に意識したつぼ押し行い、つぼ押しの知識を身に付けることを目的とした資格になっています。

つぼ押し士は指圧師とは違うの?

つぼ押しといえば指圧師を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。指圧師は掌を使いつぼと呼ばれる箇所を刺激して、人間に備わっている自然治癒力の働きを促進させることを目的としています。つぼ押し士も患者の治癒を目的としていますが、反射区を中心とした考えをもっており、この反射区と東洋医学のつぼは異なるものなのです。

つぼと反射区

東洋医学ではつぼのことを経穴と呼んでいます。身体全体にはりめぐらされた経路と呼ばれる気の流れる線の上に存在しているとされます。経穴には気だけでなく、身体の中の悪いものが集まりやすいとされ、そこを刺激することで身体の中の気の動きも良くできるということです。

それとは別に反射区と呼ばれる箇所も存在しています。反射区と内臓の一部には密接な関係があるとされ、そこを刺激することで良い影響を与えることが出来ると考えられています。リフレクソロジーとも呼ばれ、19世紀のアメリカで発案されたそうです。

この2つの組み合わせたものが“つぼ押し士”となっており、非常に需要が高まっています。

つぼ押し士のお仕事は?

マッサージサロンなどのお店で施術する際に必要な知識を取得できますので、つぼ押しに関連した施術を行うお店で活躍することが出来ます。また、インストラクターですから講師として技術や知識の指導を行うことになります。人に正確にわかりやすく伝えられるようにつぼや反射区を正しく理解することが大事です。

つぼ押し士になるためには

日本インストラクター技術協会が実施しているつぼ押し士試験に合格する必要があります。つぼ押し士試験は毎年偶数の月(2月、4月、6月、8月、10月、12月)の20日~25日に実施されており、受験申込は試験開催月の前の月までにインターネットから申し込む必要があります。受験料は10,000円(消費税込み)です。試験は在宅受験なので移動の負担がかかりません、回答後は提出期限までに返却用の封筒で解答用紙を日本インストラクター技術協会に送りましょう。合格基準は70%以上の評価となっているので、しっかり備えておきたいですね。合否通知の発送日は試験の翌月20日となっています。

つぼ押し士口コミ評判

身体の健康を気に掛ける人が増えてきているので、健康に関する職は非常に需要が高まっているようで、この資格で得た知識のおかげでマッサージ・セラピストとして活躍することができたという人の声をよく聞きます。また、つぼ押し士の講師として仕事をすることで、新たな知識を得ることが出来たという人もいるようです。仕事にはしなかったけど、この資格で得た知識のおかげで毎日の体調管理がやりやすくなったという声もありました。

まとめ

非常に手軽に簡単に受けることが出来る“つぼ押し士”の試験ですが、中身は非常に濃いものとなっていますので、ぜひ受けたいですね。

健康が気になる方、良い資格を探している方は一度調べてみてはいかがでしょうか?
つぼ  つぼ

この記事を書いた人