個人情報保護士認定試験の資格とは

shikakumatome

「個人情報保護法の理解と友好活用、安全確保の専門家」

改正個人情報保護法が一部施行され、私たちは全面施行に向けて対策を講じなければなりません。また、同時にマイナンバー制度が始まりましたが、個人情報保護法の特別法であるマイナンバー法は、個人情報保護法制のなかでも極めて重要な位置づけとなっています。ますます個人情報保護士の役割が重要となってくる中、本試験は改正個人情報保護法とマイナンバー法に対応した試験へと一新いたしました。法改正によりすべての企業が個人情報取扱事業者となります。

メリット

改正案施行後は全事業者が個人情報保護法の対象となりましたので、すべての企業が新たな義務規定や罰則規定が設けられた点や、マイナンバーを含んだ特定個人情報を取扱うなど、より注意が必要となります。

難易度

過去の合格率は約35%

オススメ度:3(5段階中最高が5)

この資格だけで就職・転職は困難です。企業の情報資産を護るために、改正個人情報保護法及びマイナンバー法を理解した個人情報保護士は極めて重要性が高まったといえます。

資格概要       

  1. 資格の種類
    • 民間資格
  2. 受験資格
    • 制限なし
  3. 受験内容
    • 筆記試験(マークシート 150分)
      • 個人情報保護法の総論
        • 個人情報保護法の理解
          • 個人情報保護法の歴史
          • 個人情報に関連する事件・事故
          • 各種認定制度
          • 個人情報の定義と分類
          • 個人情報取扱事業者
          • 条文に対する知識と理解
        • マイナンバー法の理解
          • 番号法の背景・概要
          • 条文に対する知識と理解
      • 個人情報保護の対策と情報セキュリティ
        • 驚異と脆弱性に対する理解
        • 組織体制の整備
        • 人的管理の実務知識
        • 物理的管理の実務知識
        • 技術的管理の実務知識
  4. 受験日(年4回)
    • 6月上旬
    • 9月上旬
    • 12月中旬
    • 3月中旬
  5. 受験場所
    • 東京・大阪・名古屋 他 全国主要都市
    • 回によって、実施場所数は異なります
  6. 受験手数料
    • 10,800円
  7. 受験願書申し込み受付
    • 試験実施の約4か月前から、約1か月前まで
  8. 合格基準
    • 80%以上の正当率で合格となります
  9. 結果発表
    • 受験後1か月後
  10. 免除
    • マイナンバー実務検定1 級または2級の合格者はマイナンバー法の理解の科目が免除されます。
  11. 問い合わせ先
    • 一般財団法人 全日本情報学習振興協会
    • 〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-7-12清話会ビル5階
    • 電話番号::03-5276-0030
    • ホームページ:http://www.joho-gakushu.or.jp/approval/bun_index.html
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です