介護福祉士の資格とは

福祉

「高齢者や障がい者の身体介護を行う仕事」

社会福祉士、精神保健福祉士と並ぶ、福祉系三大国家資格(通称:三福祉士)の一つであります。作業内容はほぼ同じであるが、ホームヘルパーが公的認定資格であるのに対して、介護福祉士は国家資格になります。名称独占資格でもあるため、介護福祉士の名称は資格取得者しか使用できません。主に、身体介護、生活援助、相談・助言、社会活動支援といった4つの仕事があります。

メリット

同様の仕事をする人を、ホームヘルパー、ケアワーカー、介護職員などと呼びますが、介護福祉士は国家資格ですので就職や給与面で若干有利です。就職先としては、老人ホームや老人福祉施設、障碍者福祉施設や訪問サービスを実施している企業が挙げられます。資格手当がつく企業もあるようです。

難易度

ここ2,3年は60%強の合格率が続いています。試験範囲は広いですが、しっかり勉強していれば合格できる難易度と言えます。

オススメ度:4(5段階中最高が5)

どこも人員不足であるため、就職先に困ることはおそらくありません。しかし、待遇が見合っていないことが問題になっているほどであり、離職率も高い。もしもホームヘルパーの資格しか取得していない場合は介護福祉士の資格を目指した方がよいと思われます。

資格概要

  1. 資格の種類
    • 国家資格(生涯有効)
  2. 受験資格
    • 特別養護老人ホームや介護老人保健施設の介護職員など、主たる業務が介護等の業務である方、介護保険の指定訪問介護事業所の訪問介護員(ホームヘルパー)などで、介護等の業務に従事(在職期間が3年以上、実働日数が540日以上)した方
    • 高等学校又は中等教育学校(専攻科を含む)において、福祉に関する所定の教科目及び単位を修めて卒業もしくは卒業見込みの方
    • 特例高等学校(専攻科を含む)において、福祉に関する所定の教科目及び単位を修めて卒業した後、介護等の業務に従事(在職期間:9ヶ月以上、実働日数135日以上)した方
  3. 試験科目
    • 筆記試験(10科目)
      • 人間の尊厳と自立、介護の基本、人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術、社会の理解、生活支援技術、介護過程、発達と老化の理解、認知症の理解、障害の理解、こころとからだのしくみ、総合問題
    • 実技試験
      • 介護等に関する専門的技能
  4. 試験日
    • 筆記試験:1月下旬
    • 実技試験:3月上旬
  5. 試験場所
    • 筆記試験(34試験地)
      • 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、福島県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
    • 実技試験(12試験地)
      • 北海道、青森県、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、鹿児島県、沖縄県
  6. 受験手数料
    • 13,140円
  7. 申し込み方法
    • 受験願書の配布(8月上旬から9月上旬)
      • 公益財団法人社会福祉振興・試験センター
    • 受験申込(8月上旬から9月上旬)
      • 公益財団法人社会福祉振興・試験センター
  8. 合格基準
    • 筆記試験(1問1点の120点満点)
      • 問題の総得点の60%程度を基準として、問題の難易度で補正した点数以上の得点の者
      • 上記を満たした者のうち、以下の試験科目10科目群すべてにおいて得点があった者
        • 人間の尊厳と自立・介護の基本、人間関係とコミュニケーション・コミュニケーション技術、社会の理解、生活支援技術、介護過程、発達と老化の理解、認知症の理解、障害の理解、こころとからだのしくみ、総合問題
    • 実技試験
      • 課題の総得点の60%程度を基準として、課題の難易度で補正した点数以上の得点の者を実技試験の合格者とする。
  9. 合格発表
    • 3月下旬
  10. 特例
    • 身体に障害がある者については、その申請により点字、拡大文字、チェック解答用紙等による試験を行なうほか、試験時間の延長等必要な配慮を行なう。
  11. 問い合わせ先
    • 公益財団法人社会福祉振興・試験センター 試験室
    • 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1丁目5番6号 SEMPOS(センポス)ビル
    • 電話番号03-3486-7521
    • ホームページ:http://www.sssc.or.jp/index.html

福祉心理カウンセラー  福祉心理カウンセラー

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です