中華料理資格人気比較

中華料理資格

世界中で好まれている中華料理。同じ東アジアの国家ということもあって、日本では特に中国文化は人気が高いです。料理だけでなく中華街やマーケットといったものがよく見られるようになり、身近なところで中国の文化に触れることが出来るようになりました。

そんな中華料理ですが、麺類や饅頭のような菓子など和風料理に通じる部分が多く、それらも好まれる要因の一つと思われます。しかし、中華料理における調理法や考え方は大きく異なります。

まず、中華料理の根底にある思想として、「医食同源」即ち「食べるものが薬である」という考え方があります。中国では古来より、体の弱っている部位と同じ動物の内臓の部分を食べることで、その弱った部分を補うことが出来ると考えられてきました。

また、中国の代表的な思想として「陰陽五行説」があります。この有名な思想は中華料理にも組み込まれており、よく知られる「木・火・土・金・水」の五行を、「五味」として当てはめ、「酸・苦・甘・辛・鹹」と定め味のバランスを整えているのです。

これらの思想によって中華料理は形成されています。その為、中華料理は美味で健康効果の期待できる料理が多いのです。

★.中華料理ソムリエ

日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催する資格です。中華料理の歴史や種類、調理法などといった基礎知識を有していることが求められます。

中華料理の歴史や分類、北京料理や上海料理といった地方ごとに異なる中華料理の知識や、杓子やせいろなど調理の際に使用される道具、食事のマナーなど、中華料理に関する基本的な知識を修している方に認定されます。
また、麻婆豆腐や天津飯などの中華料理の作り方・レシピについての知識を有していることも求められます。

資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどでの講師活動が可能になります。
中華料理が好きな方や、飲食店での常務に就きたい方などに人気の資格です。これから中華料理を始めようという方にも、お勧めの資格です。

中華料理調理インストラクター

日本インストラクター技術協会(JIA)が主催する資格です。中華料理の作り方などといった基礎知識の他、漢方や薬膳といった医学や、中華料理に必須な食器に関する知識など、応用的な知識を求められます。

中華料理の歴史や、四大中華料理や精進料理など分類別のレシピや調理法、中国茶・酒など中華特有の飲料に関する知識といった、中華料理の基礎について理解していることが証明されます。
また、中華料理に必要な簡保や薬膳などの中医学についての知識や、椀や盆などの中華の食器。カトラリーについての詳しい知識も求められます。

上記の資格と同様に、取得することで講師としての活動が認められます。中華料理に関する技術や活動の幅を広げるには、最適の資格と言えます。中華料理の調理に携わっている方であれば、取得して損はありません。

IPA中華料理技師資格試験

一般社団法人国際職業能力資格認定協会が認定する、調理関係の仕事に従事している方向けの資格になります。日本国内での調理師の採用ニーズに応えられる技能者を育成するという目的で設けられました。
中華料理の文化やメニュー構成、必要なスキルについて正しく理解していることが求められます。
試験は一次試験と二次試験からなり、特急・1級・2級の3等級に分かれています。二次試験での成績によって級が決定します。

市場・顧客のニーズに応じた調理やメニューの開発・考案、高級食材を使用した一流の調理技術など、専門家としての熟練した技術も要求される、難易度の高い資格です。
高い級を目指すのであれば、中華料理の知識や技術だけでなく、高度な環境管理の能力や優秀な人材の育成・指導を行える技量、海外とのコミュニケーション能力といった、料理店を運営する上で欠かせない、プロフェッショナルとしての能力が必要になります。

受験資格は、国内または国外において調理に従事した経験のある方、もしくは調理専門の大学を卒業・卒業見込みの方のみ受験することが出来ます。
中華料理人や中華料理店のオーナーなど専門業務に携わっているプロや、調理を専門に学んでおり、将来的に調理の業務に就くことを予定している方など、中華料理の専門家に向けた資格です。
中華料理資格  中華料理資格

この記事を書いた人