下水道管理技術認定試験の資格とは

shikakumatome

「下水道管路施設の維持管理業務に関する技術力を認定する試験」

下水道事業は、他の公共事業と比べて、下水道の経営を行う行政事務、土木、建築、機械、電気、化学、生物等の極めて広範な専門知識や技術を必要とし、各地方公共団体等において不足している専門技術者を早急に確保することが求められています。このため、地方公共団体の下水道事業の進捗状況に合わせ、また、受講される方の担当業務に応じて計画設計・経営・実施設計・工事監督管理・維持管理・国際展開の6コースを設定し、その中に専攻教科を用意し、埼玉県戸田市にある全寮制の施設で行います。JS研修は、こうした地方公共団体等の下水道担当職員を中心に、年間1,300人の研修生を受け入れ、下水道技術の向上や養成、訓練を目的とした唯一の研修機関として、人材の育成に努めております。

メリット

下水道会社や建設業界などが就職・転職先として考えられます。

難易度

近年の合格率は、40%程度

オススメ度:3(5段階中最高が5)

建設業界や下水道管会社では評価が高い資格で、業種を考えると選択範囲は狭い一方で現在も受託会社は増加傾向にあり、業界への就職や転職に役立つと思われます

資格概要

  1. 資格の種類
    • 公的資格
  2. 受験資格
    • 制限なし
  3. 受験内容(多肢選択式)
    • 管路施設の維持管理を適切に行うために必要とされる技術
    • 試験科目
      • 工場排水
        • 工場及び事業場からの排水並びに排水が下水道に与える影響に関する一般的な知識
      • 維持管理
        • 管路施設の維持管理その他の管理に必要な知識
      • 安全管理
        • 管路施設の安全管理に関する一般的な知識
      • 法規
        • 下水道関連法規に関する一般的な知識
  4. 受験日
    • 11月上旬
  5. 受験場所
    • 札幌市、仙台市、東京都、新潟市、名古屋市、大阪市、広島市、高松市、福岡市、鹿児島市及び那覇市
  6. 受験手数料
    • 9,000円
  7. 受験願書申し込み受付
    • 6月下旬から7月下旬
  8. 合格基準
    • 50問中、38~39問以上の正解で合格となります
  9. 結果発表
    • 12月中旬
  10. 問い合わせ先
    • 地方共同法人 日本下水道事業団研修センター
    • 〒335-0037 埼玉県戸田市下笹目5141
    • 電話番号:048-421-2692
    • ホームページ:http://www.jswa.go.jp/
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です