ワインコンシェルジュ認定試験口コミ評判

ソムリエ協会

ワインコンシェルジュ認定試験とは、ブドウの品種ごとの特徴や世界各国のワイン事情、その他ワインに対する基本的知識を問われる試験です。

今ワインは非常に人気があり、どこに行ってもワインが置いてあります。

出来ればおいしいワインを楽しみたいものですが、ワインを置く店が急激に増加した一方、知識を持った人材がその増え方に追いついていないというのが実情です。

そのため各企業では人材集めが急務であり、多くのニーズがあります。

ソムリエ程ではないにしろ、ワインに対する基本的な知識があるということがアピールできるこの資格があれば、就職やキャリアアップにとても有利に働くことでしょう。

このワインコンシェルジュ認定試験を行っているのが、日本安全食料料理協会という団体です。

 

日本安全食料料理協会とは?

 

食材や料理に関するスキルが一定以上であると認定する機関です。

生活に活かせるものから、カフェなどを開業するまでの知識までさまざまな資格試験を行っています。

食という生活に密着した資格のラインナップですので、みなさんも何か一つは興味のあるものが見つかるのではないでしょうか。

 

【試験概要】

 

こちらの試験ですが、

・受験料は1万円

・試験は2か月に1度

・在宅受験が可能

・合格ラインは70%以上の評価

・受験資格は特になし

申し込みはホームページから可能です。

 

また、日本安全食料料理協会認定の通信教育を受講することで、コースによりますが講座の卒業試験だけで資格試験免除、確実に資格を取得することもできます。

これまで独学で失敗したかは多いのではないでしょうか。

時間がない、やる気が続かない、わからないことの答えが結局わからないなどその理由は様々かと思いますが、通信教育ならその悩みは一気に解決するのではないでしょうか。

ワインコンシェルジュ認定試験の受講生の中でも通信教育を利用する方は多く、かなりの割合の方が良い評価をしています。

スクール側も資格が欲しいと思っている人が取れない理由、というものを研究しておりその対策には非常に力を入れているものです。

働きながらタイトな自由時間の中で取得を目指す、このような方でも確実に知識を身に付け取得できるようになっているそうです。

さらにはアフターフォローが手厚く、しっかりとその資格を活かせるようアドバイスがもらえるというのも通信教育の魅力です。

せっかく取得した資格ですから、できれば最大限活かしたいものですよね。

資格取得を考えている方はぜひ一度、検討してみてはいかがでしょうか。

 

【注目】口コミ評判

 

「ワインに興味があり、勉強したいと思ったがどのように勉強するのが効率的なのかわからなかった。調べていくうちにワインコンシェルジュ認定試験というものがあることを知り、知識を得られると同時に資格も取得できるので受験しようと思った。勉強は独学だと自信がなかったので、通信教育を利用した。わかりやすいテキストで効率的に知識を習得できたと思う。この資格取得で得た知識はとても実践的なもので、実務でもしばしば勉強で得た知識が活かされていて、役に立っている。資格を取ってよかったと、心から感じている。」

 

興味のあるものの知識を得たいと感じた時、その勉強方法は迷うところです。

せっかくなら知識の証明が欲しい、その結果資格が取得できるというのは合理的な選択なのではないでしょうか。

通信講座も多くの受講生から好評のようで、気になるところですね。
ワインソムリエ  ワインソムリエ

この記事を書いた人