ヨガ資格人気比較

ヨガ

みなさんはヨガをしたことがありますか?私は学生時代ダイエットの延長線でヨガにハマっていた時期があります。ヨガのポーズで正座をした状態で頭を地面につけ、そのまま腕を前に伸ばし背中を伸ばすものがあります。私はそれをやっていたつもりだったのですが、姉に「なに土下座してるの」と笑われたことがあります。どうやら体が硬くてただの土下座になっていたようです…。それ以来ヨガとは距離を置いていたのですが、最近また気になり始めていっそヨガの資格を取ろうかなと思い、色々調べてみました。なので、今回はヨガの資格について比較形式で紹介していきたいと思います。

★ ヨガライフセラピスト

ヨガライフセラピストとは日本メディカル心理セラピー協会主催のヨガに関する認定資格の一つです。この資格では、ハタ・ヨガから派生したヨガである、パワーヨガやホットヨガ、インテグラルヨガやアシュターンガヨガなど様々なヨガやチャクラ、瞑想などを用いて体の不調だけでなく、心を平穏・リラックス状態にし、脳波をアルファ波にすることで心身の調律された状態にできることを目的としています。また、極めることで、ただ学ぶだけではなく内なる自分、さらには人間とは、という哲学的なところまで考えを深めることが可能です。

資格取得後はヨガの講師としてはもちろん、ヨガによって整えられた心身はどの分野においても役立つのでヨガの資格は絶対取得して損はないでしょう。また、この資格は受験資格は特になく、受験料も10,000円と比較的に安価で在宅受験が可能なため、大変取得しやすい資格となっています。

美ヨガインストタクター

美ヨガインストラクターは日本インストラクター技術協会によるヨガの流派、歴史、効能などの基礎知識を深く理解した人に贈られる資格です。ヨガはただポーズを真似るだけでは効果はなく時間帯や食事、呼吸一つで効果の種類が大きく変わるものです。例えば、朝のヨガは体内時計をリセットする効果や血行を促進させる効果があります。昼はリラックス効果や心身の充足効果を促します。夜に行えば心身を休め深い睡眠につながります。このような知識を修得するほか、約30種類のポーズとその効果を理解することで肩こりの改善や骨盤のゆがみを解消することが出来るようになったり、アドバイスすることが出来るようになります。

資格取得後は講師として活動したり、自身の教室を開き独立することも可能です。

こちらも受験資格は特になく、受験料も10,000円と比較的安価で在宅受験が可能なので、資格が取得しやすく大変人気になっています。

全米ヨガアライアンス

全米ヨガアライアンスとは国際的なヨガの指導者のための資格になります。この資格はその名の通り米国にある大手ヨガ団体が合併した団体が主催する国際的に通用する資格です。この資格を取得するには最低でも2年以上のヨガの練習経験が必要で、主にヨガのトレーナーが受験しています。また、世界各国多くの学校でこの資格に関する講座がひらかれていて、もちろん初心者向けもあるのですが何百日単位の講座になります。

講座の値段の相場はどこの国でも代替45万円から65万円となっています。日本では30万円弱というスクールもありますが、そちらのほうは決してお勧めはできません。

この資格をもっていれば、ヨガの業界においては右に出る資格はほぼないのですが、お察しの通り、高い難易度と高い投資が必要になります。もしプロを目指すのではなく、あくまで趣味だったり、講師としての活躍を目指すのでしたら、上記のヨガライフセラピスト資格や美ヨガインストラクター資格を取りましょう…。

AJYA ヨガインストラクター

AJYA ヨガインストラクターとは、全日本ヨガ協会主催のライセンスで3つのランクに分かれています。まず3級は全日本ヨガ協会認定のスクール・教室でのインストラクターとしての指導が可能なレベルです。2級は認定教室独立開業プログラムが可能なレベルです。1級は認定スクール独立開業プログラムが可能なレベルです。

この資格はAJYA認定校、スクール、または教室に入ることで受けられる受験となっています。認定登録料は大体3~60万円と幅も大きいので自分の目指す目標に合わせて選びましょう。
以上がヨガ資格比較でした。ヨガは心身ともに健康になり、資格を取る中で自分の中の美への意識も高まるので一石二鳥です。ヨガの資格はいくつかあるので自分の目標に合わせたものを選択し、是非取得を目指して練習してみてはいかがでしょうか.
ヨガ  ヨガ

この記事を書いた人