メディカルケアワーカー(看護助手)の資格とは

shikakumatome

「看護補助、福祉介護業務に従事する看護助手職の専門家」

看護助手になる人が取得する資格の一つで、看護補助や福祉介護業務に従事する看護助手従事者の地位向上や看護助手技能の向上を目的に、看護助手の実務能力に対して資格を認定しています。医療や看護需要が高まるにつれて、メディカルケアワーカーの需要が高まっていますが、看護師不足による看護内介護の軽減を図るため、医療機関では多くのメディカルケアワーカーを採用しています。

メリット

慢性的な人材不足の為、医療機関、福祉施設などからの求人が多いと言われている。

難易度

合格率は1級で約45%程度、2級で55%程度

オススメ度:3(5段階中最高が5)

訪問介護員(ホームヘルパー)などと合せて取得することで、就職でも優位になる可能性もあります。

資格概要

  1. 資格の種類
    • 民間資格
  2. 受験資格
    • 1級
      • メディカルケアワーカー検定試験2級合格者
    • 2級
      • 実務経験者
        • 医療福祉情報実務能力協会規定の 実務経験 と証明する 実務経験証明書において、実務経験保有者と確認が取れる者(実務経験通年1年以上の者)
      • 一般受験者
        • 医療福祉情報実務能力協会指定教育機関においてメディカルケアワーカー講座の受講修了をした者
  3. 受験内容
    • 1級
      • 学科(45問):2級学科範囲及び以下の範囲が加わる
        • 基礎心理学
          • 看護と心理学、人間の間隔と心理、人間の欲求と心理、初級カウンセリング技法、実技緒論
        • 実技緒論
          • 看護助手の行う看護補助業務について実技知識を問う
          • ベッドメイキング、罨法、身体の清潔、人体環境保持、病床環境の調整、安楽な体位
          • 褥創の予防、歩行介助、身体介助、車椅子での移動、消毒法
      • 文章作成
        • 形式:学科出題範囲及びガイドラインの事柄についての記述問題(総文字数400字程度)
        • 問題に定められた「課題」を受験者が作成し、解答を行う。応用理解力と知識を他者へ伝える力を問う。
    • 2級
      • 学科(30問)
        • 病院環境衛生学
          • 看護助手論・・・職業の専門性の追求、看護助手とは、看護学と看護助手、看護理論
          • 看護マナー・・・敬語の使い方、対人マナー、電話対応、接遇方法
          • 消毒学・・・消毒剤とその性質、消毒と滅菌
        • 医科薬科学
          • 医科病理学群・・・身体の器官とその働き、器官を構成するもの、器官と疫病のかかわり、炎症とは、感染症について、病原体と様々な感染方法、生化学基礎、免疫
          • 薬理学群・・・薬剤とは、薬剤の吸収とその作用方法、薬剤の分布と代謝機能、薬品学、自律神経とその作用薬、抗生剤とその働き、ビタミン製剤、その他関連薬剤の働き、剤型とその有用性、作用と副作用
      • 文章作成
        • 形式:学科出題範囲及びガイドラインの事柄についての記述問題(総文字数800字程度)
  4. 受験日
    • ①7月上旬
    • ②9月上旬(2級のみ)
    • ③12月上旬
    • ④3月下旬
  5. 受験場所
    • 在宅試験
    • 以下に該当する受験者は失格となります
      • 試験運営委員および試験監督の指示に従わない者
      • 試験中に、助言を与えたり、受けたりする者
      • 本人の代わりに試験を受けようとする者、または受けた者
      • 他の受験者に対する迷惑行為を行う者
      • 暴力行為や器物損害、電話やメール・口頭・文書による試験に対する妨害行為におよぶ者
      • その他の受験要項(試験時間・指定提出物の期限までの提出等)に定められた受験規則に準じず不正行為を行う者
      • その他の不正行為
  6. 受験手数料
    • 1級:8,700円
    • 2級:7,700円
    • 発行手数料 1,540円
  7. 受講申請書受付
    • ①4月中旬から5月下旬
    • ②7月中旬から8月中旬
    • ③10月上旬から11月上旬
    • ④1月下旬から2月下旬
  8. 合格基準
    • 開催回ごとの偏差値55以上で、尚かつ学科:80%以上の正答率、文書作成の成績により合格となります
  9. 結果発表
    • ①8月上旬
    • ②10月下旬
    • ③1月下旬
    • ④5月中旬
  10. 特例措置
    • 身体上の障がい等により、受験の際に特別措置を希望する方は、該当期間の願書を提出する前に、特別措置申請書及び必要書類を準備頂き、あらかじめお申し出が必要です。申請書受付後、審査のうえ障がいの状況等に応じて配慮の内容を決定されます。申請の提出がない場合は特別の配慮はできません。
  11. 問い合わせ先
    • 特定非営利活動法人 医療福祉情報実務能力協会
    • 〒160-0023 東京都新宿区西新宿3-2-27 オーチュー第7ビル4F
    • 電話番号:03-5326-5588
    • ホームページ:http://www.medin.gr.jp/
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です