フレンチ資格人気比較

フレンチ

「フレンチ」とは、「フランスの」もしくは「フランス風」のを意味する言葉であり、加えてフランス料理のことを指します。 欧州を代表する料理の一つでもあり、2010年にはユネスコの無形文化遺産に登録された、伝統的な料理でもあります。

フランス料理と聞くと、大きな皿の中央に丁寧に盛り付けられた、まるで上流貴族が口にするような高級料理、という印象が強いと思われます。

その基盤が宮廷料理ということもあり、料理だけでなくテーブルマナーにも上品な姿勢が求められます。素材の味を活かした料理と、礼儀やマナーを重んじる食事という部分は、日本の食文化とよく似ています。
しかし、一般的な家庭で親しまれている料理はその限りではありません。また、地域によっても使用される食材や料理、食事のマナーは様々です。

今回は、初心者でも目指せる、フレンチの資格をご紹介します。礼儀や規則を重んじる方や、味に拘る美食家の方が多い日本だからこそ、是非とも学んでほしい料理です。

★.フレンチソムリエ

日本安全食料料理協会が主催ずる資格です。フランス料理の調理技法やレシピ、使われる食材など、基礎的な知識を有していることが証明されます。

フランス料理における、炒める、焼く、煮るといった料理技法から仕上げ方までの一連の流れや、使用される調理器具や食器の名称や種類、使用方法などの、料理する上で欠かせない基本的な知識が求められます。
また、フランス料理の肉料理、野菜料理などそれぞれの料理の名称や、使われる食材や調味料などのレシピについての知識も要求されます。

資格取得後は、フレンチソムリエとしてフランス料理の基本を身に付けている証明が出来るほか、自宅やカルチャースクールでの講師活動など、様々な活躍が可能になります。
まず、フランス料理についての基礎知識を身に付けたい初心者の方や、基本を学びながら活躍できる資格を取得したい方にお勧めします。

フランス料理インストラクター

日本インストラクター技術協会(JIA)主催の資格です。フランス料理の歴史や、郷土料理やお酒の種類、料理・食事のマナーに関しる知識を有していることが証明されます。

時代ごとのフランス料理の変遷や基盤となったイタリア料理との関係性など、フランス料理の背景や歴史、地方の郷土料理やお酒の種類・特徴などといった、フランス料理に関する深い造詣が要求されます。
また、チーズの食べ方やコースの順番といった食事のマナーや、入店・退店のマナーなど、フランス料理に書かあるうえで欠かせない行儀作法についての理解も求められます。

上記のフレンチソムリエと同じく、講師としての活動が可能になります。
フランス料理の歴史やレシピだけでなく、食事のマナーや作法を身に付けることで、活躍の幅が広がるだけでなく、普段フランス料理を召し上がる際にもその知識が役立ちます。

フレンチ薬膳ビューティーアドバイザー

一般社団法人 ライフスタイルデザインラボの運営する資格です。「薬膳料理」の観点から見たフレンチ料理を学べる、一風変わった資格です。人気グルメ雑誌や女性誌などで紹介される、国際薬膳調理師の「坂井美穂」氏の料理法を学ぶことが出来ます。

便秘やダイエット、アンチエイジングといった、女性が直面する様々な悩みを解決できる薬膳料理を学ぶ資格です。身近な食材を使って、フレンチコース仕立てのアレンジを加えた薬膳料理の調理法やレシピを習得できます。
健康に配慮した料理技術やレシピだけでなく、見栄えを重視したお洒落なフレンチの盛り付け方なども身に付けることが出来ます。

運営が認定する機関において、実施されているプログラムを一定の成績で終了することで授与されます。資格は教室・セミナー開催の他、関連企業や自治体とのコラボなど、広い滑動を認められます。
上記のような悩みを持つ女性の方々は勿論、フレンチを通して健康的な料理を学びたい人、フランス料理に関わる活躍の場を広げたい方など、健康志向の高い方や一流のフランス料理人を目指したい人に、是非受講していただきたい資格です。
フレンチ資格  フレンチ資格

この記事を書いた人