ビジネスキーボード認定試験の資格とは

shikakumatome

「ブラインドタッチの入力速度と正確性を証明する試験」

日本商工会議所が実施しているキーボード操作技能認定制度の一つで中級・上級の位置づけにあたる。初球に該当するものは、キータッチ2000テストである。合否判定は行われず

科目別に5段階(S,A,B,C,D)の評価が設定されている。

メリット

通常スキルと考えられているため、この資格だけで就職が決まるようなことはない

難易度

入力文字数により、S、A、B、C、Dの5段階で認定します。

オススメ度:2(5段階中最高が5)

B級あたりが取得できると、ビジネスの現場で使えると思われる

資格概要

  1. 資格の種類
    • 公的資格
  2. 受験資格
    • 特になし
  3. 受験内容
    • 日本語(最高入力文字数/900字:10分)
      • 短文、単語(漢字)、単語(カタカナ)、ことわざ、四字熟語など
    • 英語(最高入力文字数/3000字:10分)
      • 短文(1行、複数行)、単語、熟語、アドレスなど
    • 数値(最高入力文字数/1200字:5分)
      • 数字、郵便番号、日付、漢数字→算用数字、記号付数字
  4. 受験日
    • 受験希望地の日商ネット試験の会場にご確認ください。
  5. 受験場所
    • 全国各地の商工会議所へお問い合わせください
  6. 受験手数料
    • 2,570円
  7. 受験願書申し込み受付
    • 受験希望地の日商ネット試験の会場にご確認ください。
  8. 合格基準
    • 採点は行単位に行われ、行内の文字数を加算していきますが、行内で一文字(スペースも含む)でも誤りがあった場合は、その行の入力文字数は0としてカウントされます
    • 科目ごとの入力文字数により技能認定を行うとともに、入力文字数に基づき、以下の通り S, A, B, C, D の5段階で評価します
      • 日本語
        • S:900文字
        • A:899~800字
        • B:799~600字
        • C:599~400字
        • D:399~0字
      • 英語
        • S:3000文字
        • A:2999~2500字
        • B:2499~2000字
        • C:1999~1500字
        • D:1499~0字
      • 数値
        • S:1200文字
        • A:1199~1000字
        • B:999~800字
        • C:799~600字
        • D:599~0字
  9. 結果発表
    • 試験終了後、即時
  10. 問い合わせ先
    • 日本商工会議所
    • ホームページ:https://www.kentei.ne.jp/mail/
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です