パソコン技能検定ビジネス実務試験の資格とは

shikakumatome

「パソコンを実際に使いこなせるかの検定試験」

ワード・エクセル・パワーポイントの機能を知っているだけでなく、3つのアプリケーションを使いこなして実践的に文書作成ができるかを認定します。

メリット

この資格のみで就職・転職が有利になるわけではありません。

難易度

合格率は非公開だが、易しいとされている

オススメ度:2(5段階中最高が5)

公式テキストで流れに沿って勉強すれば問題ないと思われる

資格概要       

  1. 資格の種類
    • 民間資格
  2. 受験資格
    • 制限なし
  3. 受験内容
    • 実践上級(60分)
      • 課題1
        • 指示に従い、出題文を要約・箇条書きなどにし、文書を作成・編集する。また、出題文中の数値から表やグラフを作成し、作成した文書に組込む。
      • 課題2
        • 課題1で完成した文書や表・グラフを利用し、プレゼンテーション用の資料を作成する
      • 出題パターン1
        • 課題1
          • Wordで作成した、より高度な文書に、Excelで作成した表やグラフを挿入する。
        • 課題2
          • PowerPointに、Wordで作成した文書やExcelで作成した表・グラフを流用し、より高度なプレゼンテーション用文書を作成する
      • 出題パターン2
        • 課題1
          • WordやExcelで作成した、より高度な文書に、画像や図、クリップアート、オートシェイプなどを挿入する。
        • 課題2
          • PowerPointに、Excelで作成した表やグラフを挿入し、より高度なプレゼンテーション用文書を作成する
    • 実践(60分)
      • 課題1
        • 指示に従い、問題通りに文書や、表、グラフを作成、編集する。また、作成した表やグラフを文書に組込む。
      • 課題2
        • 課題1で完成した文書や表・グラフを利用し、プレゼンテーション用の資料を作成する
      • 出題パターン1
        • 課題1
          • Wordで作成した文書に、Excelで作成した表やグラフを挿入する
        • 課題2
          • PowerPointに、Wordで作成した文書やExcelで作成した表・グラフを流用し、プレゼンテーション用文書を作成する
      • 出題パターン2
        • 課題1
          • WordやExcelで作成した文書に、画像や図、クリップアート、オートシェイプなどを挿入する
        • 課題2
          • PowerPointに、Excelで作成した表やグラフを挿入し、プレゼンテーション用文書を作成する
  4. 受験日
    • 5月初旬から中旬
    • 7月初旬から中旬
    • 9月初旬から中旬
    • 11月初旬から中旬
    • 1月初旬から中旬
    • 3月初旬から中旬
  5. 受験場所
    • 協会認定会場及び協会指定公開会場
  6. 受験手数料
    • 実践上級:9,180円
    • 実践:7,020円
  7. 受験願書申し込み受付
    • 試験実施日の約2か月前から、1か月前まで
  8. 合格基準
    • 課題1・課題2の合計が70点以上(100点満点)
  9. 結果発表
    • 協会のホームページ上でお知らせします(試験から1か月以内)
  10. 問い合わせ先
    • 一般財団法人 全日本情報学習振興協会
    • 〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-7-12清話会ビル5階
    • 電話番号:03-5276-0030
    • ホームページ:http://www.joho-gakushu.or.jp/
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です