タイ古式整体資格人気比較

タイ古式マッサージ

タイ古式マッサージとは、ヨガ・指圧・整体などから派生した施術として発展した、タイの伝統医学の一つです。その歴史は古く、2500年前に仏教とともにタイに伝わり、広まったと言います。

指圧とマッサージによって凝った筋肉をほぐし、ほぐれた筋肉をストレッチで伸ばし、最後に矯正し、体のゆがみを整えるという手法です。
マッサージやストレッチによる痛みがなく、また時間をかけて行う施術の為、リラックスしながら受けることが出来ます。

マッサージの効果は医学的にも証明されており、頭痛・腰痛・肩こりなどの身体的なものから、生理痛・喘息・高血圧・便秘などの体内面まで、その効果は広範囲に及びます。
特に腰痛や肩こり、高血圧などの悩みを抱えている方も多く、タイ古式マッサージの需要は高まっており、専門のサロンを開業する方も増えてきています。

セラピストとして自分のサロンを開業したいと考えている方や、一からマッサージの手法を学んでみたいという方のために、タイ古式マッサージに関する資格を紹介いたしますので、是非参考にしてください。

★.タイ古式整体セラピスト

日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)が主催する、タイの古式ボディセラピーに関する知識を有していることを認定する資格です。

タイ古式整体ボディセラピーについて、その歴史や仏教との関わり、仏教やタイの伝統などを絡めた知識を有していることを求められます。また、ケアに必要な解剖整理の知識や、食物の体内循環についての知識求められます。

資格取得後は、タイ古式整体セラピストとして、自宅やスクールでの講師活動が行えます。
タイ古式マッサージに関して、その背景や基礎的な知識から学びたい方にお勧めです。

タイ古式整体士

日本インストラクター技術協会(JIA)が油彩する資格です。タイに伝わるマッサージに関する様々な知識お有している方に認定されます。

ハープホールやホットストーンなどセラピーに用いる道具の扱い方、開業した際の接客時の注意点についての知識を有していることの証明にもなります。
また、タイの古式ボディヒーリングについて、施術方法や使用する道具、また施術の注意点など一定の実践知識も求められます。

タイ古式整体セラピストと同じく、認定後は講師としての活動が可能になります。
タイ古式マッサージの施術を行う際に活用できる、応用・実践知識を身に付けたい方に推奨する資格です。

JTTMA認定プロフェッショナルセラピスト資格

日本タイ古式マッサージ協会が主催の資格です。個人に合った施術プログラムの設計と施術が出来る、「タイ古式マッサージの専門家」として認定されます。
コースは3つに分かれており、基本について学ぶ「ベーシックコース」、ステップアップの内容を盛り込んだ「アドバンスコース」、知識・技術の教授ができるレベルを目指す「ティーチャーコース」となります。

タイ古式マッサージに関する知識・技術だけでなく、最先端の「解剖倫理」を加味した内容を学習します。施術の基礎知識・技術から、解剖学の基礎も併せて習得していきます。
ランクが進むにつれて、身体のメカニズムや、栄養・食事、運動や休養といった、人が健康を保つために必要な要素について深く掘り下げた内容となり、個人に合わせた施術を行うための専門知識を学んでいきます。

取得後は.JTTMAとして認定され、イベントやセミナーの参加・協会販売物の購入などが会員価格になる、一回分の受講料で1年間は無制限の受講が可能になるなど、充実したサポートを受けられます。
タイ古式マッサージの入門として最適な資格です。基本から実践レベルまでの知識を身に付けたいという方にもおすすめです。また、スキルの向上を目指すプロの方々にも需要のある資格です。

タイ古式ボディケアセラピスト

日本能力開発推進協会(JADP)が主催する資格です。タイ伝統医学の知識を備え、その独自の理論に沿った手技・施術によるタイ古式ボディケアの実践が可能であると証明されます。
協会が指定する教育機関でのカリキュラム履修後、受験が可能になる資格です。

タイ古式ボディケアの起源・歴史、タイ伝統医学の理論、基本的な手技・施術法や施術を用いる上での注意事項など、タイ古式ボディケアの基礎知識及び実践的な技術を要求されます。

ケア・美容などに関係する仕事へ従事している方のスキルアップや、セラピストとしての知識・技能の証明に活用できる資格です。

5.位.TTMA公認・プロタイマッサージセラピスト

特定非営利活動法人日本トラディショナルタイマッサージ協会が主催する、タイ古式マッサージの資格です。数ある資格の中でも、もっとも本格的でプロ向けの資格となります。

階級制でD級からC級、B級、A級となり、更にプロ向けのAA級、AAA級があります。プロセラピストとして活動するための知識を学習し、級が上がるにつれて施術方法だけでなく、経営・指導において必要な知識も習得していきます。

資格取得には、タイ古式マッサージをスクールまたは現場で学んでいることが最低条件になります。
また、B級から上のランクを目指す場合、サロンでの施術経験が1年(施術時間6000時間)以上なければ、受験資格を得られません。
B級以上のランクを取得すると、サロンの開業やスタッフの指導・育成など、プロとしての本格的な活動を認められます。

タイ古式マッサージについて本格的に学習したい方、サロンの開業による独立を考えている方、プロのセラピストとしてステップアップを図りたい方など、セラピストとして独立・開業を目指している方や、すでにプロとして活動している専門家に向いている資格といえます。
タイ古式マッサージ資格  タイ古式マッサージ資格

この記事を書いた人