スープ資格人気比較

スープ

スープと言えばコーンポタージュやブイヨンスープが有名ですが、日本で親しまれているスープは味噌汁やお吸い物などの「汁物」でしょう。

スープは様々な食材を煮込んで作るため、様々な栄養を含んでいます。また、作るのも簡単で手間がかからないため、仕事に育児に何かと忙しい現代において、重要視され始めている料理です。

また、スープは単品で食べる以外にも、様々な応用が利くため重宝されています。例えば、スープは素材を煮込んで作るため旨味の成分が抽出され、料理のベース・調味料として活用できます。
クラッカーなどの菓子を足せば、軽いおやつの代わりにもなります。フルーツなどをメインの素材として調理すれば、デザートとしての役割も果たします。

スープは作り方もシンプルで様々な素材を選べるため、多彩なレシピ作りが可能ですが、それ故に本格なものを作るには、ある程度の知識が必要になります。これから紹介する資格は、スープ作りの基本から実践まで身に付けることが出来ます。スープ作りに興味のある方は、是非取得を目指してみでください。

★.スープマイスター

日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の資格です。スープの歴史やレシピ、スープを食べる際のマナー、スープと器の関係、昆布だしやブイヨンなど出汁やベースの作り方など、スープの基礎知識から実践レベルまで十分に身に付けた方に認定されます。

世界中のスープの歴史や、スープのすくい方やスープパスタの食べ方など、スープの食事に関するマナー、ヨーロッパ・アジアなど各地域のスープ、ポタージュやデザートなど様々なスープのレシピなどの知識を要求されます。

資格取得後は飲食関係での仕事に活用できるほか、講師としての活動も可能になります。
飲食関係の職務についている方や、スープについての基本から学びたい人に向いているスープの入門的な資格です。

スープアドバイザー

日本インストラクター技術協会(JIA)の主催する、健康面に配慮したスープについての資格です。
スープの定番メニューや、スープの旨味について、スープのもたらす健康効果出汁の栄養素、アンチエイジングに効果の期待が出来るスープレシピや、骨や免疫力を強化するレシピ、薬膳スープレシピなど、健康とスープの関係について深い知識を身に付けたへ認定されます。
じゃこや小松菜、えのきなどを使ったスープ、ポタージュスープ、ガスパチョやポトフなどのレシピや、薬膳スープや果実を使ったデザートスープなどのレシピを理化し、健康に効果のあるスープを作ることが出来るという証明になります。

資格取得後、自宅やカルチャースクールなどで講師活動が出来ます。
健康志向の高い方や、健康に良いスープのレシピなど、幅広いスープの知識を習得したい方におすすめします。

スープソムリエ

日本能力教育促進協会(JAFA)が認定する資格です。世界中のスープレシピ、スープの歴史・発展などの深い知識と味の相乗効果を理解し、様々なスープを作る・楽しめるスープのプロフェッショナルを目指す資格です。
うま味の科学知識スープの逸話などの、幅広い専門知識と応用力を備えた専門家としても、注目されています。

スープに関する様々な知識を深め、広く知識を授与する人材としての能力向上を目指します。また、日本を含めた世界中のスープのレシピや歴史など、専門的な知識を学ぶことが出来ます。
食材の味を引き出した本格的なスープが作れるようになり、スープの専門分野に特化した、幅広い知識と技術が身に付きます。

資格はスープの専門知識が本獲物であるということの証明となり、就職や開業に大いに献上します。また、学んだ知識を活用して、レッスンや講座など自宅でのサロン開業が可能になります。その他、レシピの開発やライターとしての活躍など、飲食関係の仕事に役立てることが出来ます。

スープに関して専門的な知識を習得したい方や、教室開催やレシピ開発などスープに関する事業で活躍・開業を目指している方など、関連業界で活かせる実用性の高い知識を求めている方に、お勧めする資格です。
スープ資格  スープ資格

この記事を書いた人