スーパーフードアドバイザー口コミ評判

スーパーフード

今日本では健康に対する意識が急激に高まっています。毎日のニュースやテレビ番組でも見かけない日はないぐらいです。健康に対するアプローチは「運動」「睡眠」「食事」などが特に注目されていると思いますが、今回は食事に関する「スーパーフードアドバイザー」という資格試験についてご紹介します。

そもそもスーパーフードとは

1980年代ごろのアメリカやカナダで食事療法に取り組んでいた専門家や研究者や医師たちが、有効成分をかなり多く含む食品に対して「スーパーフード」と名付けたことがきっかです。日本スーパーフード協会による「スーパーフード」の定義は、栄養バランスに優れ、一般的とされる食品より栄養価が高いこととされている他、ある一部の栄養素が突出して多く含まれていることとなっています。スーパーフードは一般的な食品とサプリメントの中間的立ち位置に存在しているとされ、健康食品としての用途と料理の食材としての用途を兼ね備えたものと言えます。

スーパーフードアドバイザー

このスーパーフードと呼ばれるものが非常に健康に対して有効なものであることが理解できたと思いますが、JSFCA日本安全食料料理協会では「スーパーフードアドバイザー」という資格の認定試験を行っています。この資格は、スーパーフードの食品種類や健康・美容効果を理解された方に認定される資格です。資格習得後は、スーパーフードに関する知識を生かし、講師として活躍することも可能です。アドバイザーとして活動したい方だけでなく、毎日の生活において健康的に過ごすために「スーパーフード」を活用したいと考えている方にもおすすめの資格となっています。

試験の概要

受験資格は特に必要ありません、スーパーフードに関心のあるすべての方に開かれた資格となっています。受験料は消費税込みで10000円となっています。受験申請はインターネットからの申し込みのみとなっていて、日本安全食料料理協会のホームページから申し込みが出来ます。「日本安全食料料理協会リンク https://www.asc-jp.com/test/superfoods/」受験方法を在宅試験となっているので、移動の負担もなくリラックスして試験に臨むことができます。合格基準は70%以上の評価が必要とされています。しっかり勉強して備えておきましょう。

試験日程

毎年2月、4月、6月、8月、10月、12月の偶数月に試験が行われます。受験申請期間は受けたい試験の月の前月の間となっています。受験票、試験問題、解答用紙は申請後随時発送されますので、届くのが遅いという万が一の場合は協会の方に連絡しましょう。試験期間は当月20日から25日となっていて、答案提出期限は当月末日必着となっています。合否通知発送日は試験を受けた次の月の20日です。

スーパーフードアドバイザーの口コミ

スーパーフードアドバイザーについての簡単な説明は以上となりますが、実際のところこの認定試験が世間でどのような評価を受けているのか気になりますよね?いくつか感想を調べてきましたのでご紹介させていただきます。「子供の健康のことを考えて毎日の献立を考えていましたが、一度しっかりと勉強しなおしたいと思いこの認定試験を受けることにしました。スーパーフードといった栄養価の高い食品について知らないことが多かったので勉強になりました。」「健康的にダイエットするためにはスーパーフードをとることが重要と聞いて、スーパーフードアドバイザーの資格を受けることにしてみました。食品の違いって大まかに野菜と肉と魚ぐらいしか知らなかったので、栄養素に注目した食品の違いを学べたことは良かったです。」「レストランを経営しているので、もう一度違った視点から学びたいと思い認定試験受けることにしました。おいしさだけでなく栄養素を気にする方が増えてきているので、スーパーフードに関する知識は欠かせません。」

まとめ

健康は食事が大事とはよく言われますが、世間の食に対する関心は日々増しています。なかでもスーパーフードの知識は需要が非常に高いです。講師として活動したい方、日々の暮らしを健康的に過ごしたい方、スーパーフードアドバイザー認定試験の受験を一度考えてみてはいかがでしょうか。
スーパーフード  スーパーフード

この記事を書いた人