スポーツ・運動系人気資格比較

ウォーキング

老若男女問わず、健康維持やダイエットのために毎日軽い運動をするという人が増えてきています。
しかし、ウォーキングひとつ取っても正しいやり方と間違ったやり方がありますよね。
間違ったやり方を続けているとケガに繋がることもあり、大変危険です。
そこで、スポーツの正しいやり方を知るために資格を取得することがおすすめです。
正しい知識を身につけることで、安全に健康を手に入れることができます。

 

1位 ウォーキングアドバイザー

『ウォーキングアドバイザー』は、日本生活環境支援協会認定資格です。

健康維持と聞いて真っ先に思い浮かぶ運動のひとつにウォーキングがあります。正しい姿勢で歩くことは身体に良いことはもちろん、ケガの予防にも繋がります。

『ウォーキングアドバイザー』は、資格習得過程でウォーキングの方法や効果、影響を学ぶことで、より健康になるための知識を身に付けることができます。

スポーツや医療分野のみならず、福祉の分野からも注目されている資格ですので、『ウォーキングアドバイザー』の知識はさまざまな場面で活かすことができるでしょう。

 

試験内容:有酸素運動効果について、ウォーキングが与える心身の影響の知識など

受験資格:特になし

受験料:10,000円

受験申請:インターネットからの申込み

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上

 

歩き方インストラクター

『歩き方インストラクター』は、日本インストラクター技術協会認定資格です。

「歩き方」という分野に特化した資格です。

『歩き方インストラクター』では、ウォーキングの知識のほか、ウォーキングのフォームや歩くペースやコース、より効果を高めるための方法など、ウォーキングに関した総合的な技術を身に付けることができます。効率のいい歩き方を学ぶことで、日常生活から健康を意識することができるでしょう。

 

試験内容:ウォーキングが与える効果、ウォーキングのフォーム、効果的な歩き方についての知識など

受験資格:特になし

受験料:10,000円

受験申請:インターネットからの申込み

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上

 

3位 スポーツインストラクター

スポーツインストラクターの資格はさまざまあります。
・日本体育協会認定「スポーツ指導者」の「指導員」、
・日本トレーニング指導者協会「トレーニング指導者」
・日本ストレングス&コンディショニング協会(NSCA)「NSCA認定パーソナルトレーナー」
・財団法人健康・体力づくり事業財団「健康運動指導士」
そのほかにも専門分野でそれぞれに特化した資格あります。専門学校に通って取得する資格もあれば養成講習会を受講し試験に合格すれば取得できるものまで多様にあるので、自分の目的に合った資格を探してみるのがいいでしょう。

4位 スポーツリーダー

『スポーツリーダー』は、日本体育協会認定資格です。

スポーツサークルやスポーツグループなどでリーダー的立場、指導的立場にある人におすすめの資格です。取得することで、スポーツの楽しさや正しい知識を周囲の人に指導することが可能になります。健康が重視されるいま、健康指導員としての需要も期待されます。

また取得後のステップアップとして、競技別指導者資格やフィットネス資格を取得することが可能になります。

 

資格取得には通信講座または集合講習会を受講し、修了する必要があります。

 

受講資格:受講する年の4月1日現在 満18歳以上

受講料:23,100円(資格認定料含)

受講方法:通信講座・集合講習会

受講方法: 3回にわけて課題を提出

合格基準:60%

 

5位 アスレティックトレーナー

『アスレティックトレーナー』は、日本体育協会認定資格です。

スポーツ選手の健康管理やトレーニングなどのトレーナーに必要とされる資格です。

しかし、難易度が高い資格としても知られています。

取得方法は、日本体育協会が認定している専門学校または大学に入学するか、日本体育協会の養成講習会を受講するかですが、後者の方の受講資格として、国体や国際大会に出場する選手を担当するスポーツトレーナーのみと定められているため、現状では、専門学校に入学するのが資格取得のもっともスムーズな方法と考えられます。卒業と同時にスポーツトレーナーとして働けるので、就職を考えている方におすすめです。

 

資格取得には資格取得講座を受講し、修了する必要があります。

 

受講資格:

受講する年の4月1日現在 満20歳以上または日本体育協会が認める国内統轄競技団体に推薦され、認められた者

受講料:

共通科目19,440円

専門科目72,360円

※実技試験検定料32,400円

受講方法:通信講座・集合講習会

合格基準:60%
ウォーキング  ウォーキング

この記事を書いた人