スポーツフード資格人気比較

スポーツフード

一流のアスリートがトップに立つ秘訣は、日々の厳しい特訓やコーチによる徹底した指導だけではありません。
スポーツフードの資格を持つ専門家が行う栄養管理の指導によって、激しい運動にも耐えられる、健康で強靭な体を維持しているからなのです。

しかし、スポーツフード資格と言われても、聞いたことがない方にはイメージし難いですよね。まず、どんな人達がこの資格を取得できるのでしょうか。
実は、スポーツフードの資格はすべて民間資格なので、専門知識がない人でも取得できます。つまり、資格を取得すれば誰でも栄養管理の専門家になれるのです。

実際にどのような資格があるのか、全く知らない人も多いでしょう。そこで、代表的なスポーツフードの資格を、取得人気が高い比較でまとめました。
専門知識を身に付け仕事の現場で役立てたい、親族や友人がプロ選手なので何かサポートをしたい、自身もアスリートだけど栄養管理は自分でしたいなど、それぞれの目的に合った資格取得が出来るといいですね。

★.スポーツフードマイスター

日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催し、スポーツに必要な栄養の基本的な知識があり、献立・レシピの構築などの応用レベルまで活かせる方へ認定される資格です。
受験はインターネットで申し込むことができ、在宅での受験になります。2月、4月、6月と2か月刻みに試験期間があり、月末に実施されます。

栄養素の働きや運動に必要なエネルギーといった基礎レベルから、選手に適した食材の選び方や献立・レシピの構築など、実践レベルの内容まで学ぶことが出来ます。

例えば、学生からプロ選手を問わずそれぞれの運動量や競技、性別や年齢に適した食事の管理や、目的に合わせた体づくりのための栄養管理、そして選手のコンディションを維持するための食事を管理・指導など、様々な場面で役立てる知識が身に付きます。
そして、認定を受ければ、選手や競技を問わず専門的な栄養管理の指導が行えると証明されるのです。

合格基準は70%と高めですので、プロから一般まで幅広い層におすすめです。栄養・食事指導のプロを目指している方であれば、どなたでも取っておいて損はない資格です。

アスリート栄養食インストラクター

日本インストラクター技術協会(JIA)主催の資格です。アスリートに必要な栄養・食事についての基礎知識だけでなく、風邪予防・疲労回復といった健康管理のための内容も含まれています。資格取得後は、自宅やスクールなどで講師としての活動が可能になります。

この資格の特徴は、スポーツの栄養について深く掘り下げた内容であることです。病気予防以外にも、増量・減量の方法やサプリメントの使い方、試合前後に適した食事、さらに弁当用意のポイントまで具体的な応用まで網羅しています。また、身体・運動のメカニズムについての知識も得ることが出来ます。そのため、様々な状況に対して柔軟な指導が出来るようになります。

また、選手も人間なので病気や疲労によって不調になることもあれば、トレーニング中の事故で怪我をすることもあります。そうした選手のアクシデントに対して、適切な対応が出来るようになります。

受験の申し込み方法・期間が上記のスポーツフードマイスターと同じ為、同時取得ができる講座があります。活躍の場を広げたい人に、是非とも受けてほしいです。

アスリートフードマイスター

日本野菜ソムリエ協会が業務提携をしている資格で、3級は以前まで「ジュニアアスリートフードマイスター」という名称でした。アスリートの食事計画をサポートするための資格で、選手の食事指導だけでなく普段の食生活にも役立てることが出来ます。

アスリートの食事の在り方から始まり、食材の選び方や「いつ」「どこで」といった5W1Hによるタイミング別の食事計画が学習できます。3級から1級まであり、級が進むにつれて、応用の学習内容が豊富になります。

専門家だけでなく、一般の方や健康意識が高い俳優の方々といった芸能人にも人気がある資格です。里田まいさんをはじめとした、アスリートの奥様方が取得している資格と話題になったこともあります。

すべての級を取得するにはなんと総額35万円以上の受講料が必要になります。しかし、3級の難易度は低く合格率は85%と高めです。スポーツフード資格の入門としては最適なので、3級の取得だけでも目指してはどうでしょうか。

スポーツフードスペシャリスト

上記のアスリートフードマイスターと似ていますが、こちらはプロ選手の指導よりも日常生活に向けた資格になります。学びやすい内容なので、日常の食事を気にしている方にも向いています、

この資格は、全部で14のカリキュラムで形成されています。スポーツ栄養とは、栄養素、食事のとり方といった項目があり、まずはアスリートの栄養指導を考える上でと必要な「スポーツ栄養」から学び、そこから栄養や食事形態など基礎知識を身に付け、実際に使える献立・レシピといった実践の知識を学ぶことが出来ます。
そして、練習期間や試合機期間など、それぞれの時期に合わせた食事のとり方を知ることもできます。

部活動に励むお子さんを応援したい、アスリートの友人を支えたいといった方々が、日常的なサポートを目的としているのであれば、この資格が向いています。合格率80%と非常に高いのでおすすめです。

スポーツフードアドバイザー

アスリートに必要な栄養管理、食事レシピを提案してサポートしていく専門家です。目的に合わせて、体づくりをサポートできる知識が身に付きます。

この資格はプロだけでなく、ジュニアやアマチュアといった幅広い層に対応できるのが特徴です。これまで専門家の指導を受けられるのは、プロ選手やオリンピック選手といった、トップの限られた選手だけでしが、一般のアスリートでも指導を受けられるよう、この資格が開発されました。

栄養管理が必要なのは大人のアスリートだけではありません。成長期の子供にとって、運動の基盤になる体づくりは大事です。その為、この資格は子供たちの成長をサポートするための内容も充実しています。

成長期のお子さんがいる方や、学校で部活の顧問を務めている方などがおりましたら、この資格取得をおすすめします。
スポーツフード資格  スポーツフード資格

この記事を書いた人