スペイン語技能検定の資格とは

shikakumatome

「スペイン語の語学力レベルを認定する資格」

21世紀の三大言語,であるスペイン語は、英悟に次ぐ利用度があります。台頭するメキシコや中南米諸国は、経済、文化、産業と多岐な分野で注目を浴びており、アメリカ合衆国におけるスペイン語話者は増加の一途をたどっています。緊密な関係にある日本でもスペイン語の需要は急激に増大し、内外各方面から「正しいスペイン語を自由に活用」できる人材の育成を強く要望されています本協会は官公庁、企業などの採用試験、能力査定、語学力評価の要請に応え1973年「スペイン語検定試験」を開始以来、文部科学省の認定と後援の下に社会人の生涯教育の一端を担ってきました。検定のレベルは1級から6級まで区分があります。

メリット

貿易関連企業などが就職・転職先として考えられます。国連の公用語にもなっていますので、今後もニーズは高くなると思われます。

難易度

近年の合格率は、1級で7%、2級で10%、3級で15%、4級で70%、5級で80%、6級で85%

オススメ度:3(5段階中最高が5)

面接試験が含まれる3級より難易度が格段にあがります。

資格概要

  1. 資格の種類
    • 公的資格
  2. 受験資格
    • 制限なし
    • 連続した二つの級の併願可
  3. 受験内容
    • 一次試験
      • 1級から3級:スペイン語訳、和訳(90分)
      • 4級から5級:筆記試験、聞取り(60分)
      • 6級:筆記試験(60分)
    • 二次試験
      • 1級から3級:面接試験
  4. 受験日
    • 春季
      • 一次試験:6月中旬
      • 二次試験:7月下旬
    • 秋季
      • 一次試験:10月下旬
      • 二次試験:12月上旬
  5. 受験場所
    • 一次試験
      • 北海道、宮城、東京、神奈川、千葉、愛知、静岡、石川、京都、兵庫、広島、愛媛、島根、福岡、山口、熊本、長崎、沖縄
    • 二次試験
      • 札幌、東京、名古屋、神戸、広島、福岡
  6. 受験手数料
    • 1級:11,000円
    • 2級:9,000円
    • 3級:7,000円
    • 4級:4,000円
    • 5級:4,000円
    • 6級:3,000円
  7. 受験願書申し込み受付
    • 春季:4月初旬から5月下旬
    • 秋季:8月初旬から9月下旬
  8. 合格基準
    • 1から2級:正解率80%以上
    • 3から6級:正解率70%以上
  9. 結果発表
    • 3~1級の一次試験結果は2次試験の7日前までに通知し、合格者に二次試験の時間、会場をお知らせします。
    • 6~4級の結果は約2ヶ月後に通知
  10. 免除
    • 1~3級の1次試験のみの合格者は、申請により、一年間(一回のみ)免除を受けられます
  11. 問い合わせ先
    • 公益財団法人 日本スペイン協会 西検事務局
    • 〒108-0014 東京都港区芝4丁目5-18
    • 電話番号:03-6809-5836
    • ホームページ:http://www.casa-esp.com/link-examen.html
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です