銭湯ソムリエ認定試験口コミ評判

温泉資格

こんにちは。突然ですが、温泉は好きですか?個人的に私は好きです。温泉に入ると疲れもとれますし、何より気持ちいいものです。しかも温泉はかなりの健康促進効果があるのは多くの人も既知のことだと思います。専門家によれば、温泉は、熱いお湯と、広い湯船による物理的効果と、温泉は普通のお湯と違い、人間にとって有益な多くの化学成分が入っています。入浴や、飲泉といって飲むことで健康を促進する効果もあります。

また、ホルモンの分泌機能や神経系の機能を調整する効果もあります。このように温泉はただ、気分を良くするだけでなく、私たちの体に多くの効用をもたらします。今回紹介する資格はそんな、温泉の効用に関するスペシャリストを育てるための資格。その名も銭湯ソムリエ。知っている方も、そうでない方も、この記事を読んで、銭湯ソムリエについて関心を持っていただいたら幸いです。

銭湯ソムリエとは

銭湯ソムリエとは、それぞれの温泉の種類や入浴方法に関する知識を持っている人に与えられる資格です。温泉分析表の見方や、温泉に関する言葉の意味などが理解できるということが求められます。ここで、温泉観光アドバイザーを知っている方や、記事を呼んでいただいた方はこの2つ、何がどう違うのかと思ったかもしれません。もちろん、2つとも温泉に関する資格なのはまちがいなく、同じ分野も学びますが、温泉観光アドバイザーは温泉の効用はもちろんですが、温泉の歴史や、所在地など、温泉自体の知識を有しており、それを観光業に生かすのに向いている資格です。対する、銭湯ソムリエは温泉の健康促進部分に着目し、それぞれの温泉の源泉による、入り方の違いや、効用の違いなど、温泉を健康のツールとして見ていく資格です。サナトリウムという意味ももともと、高原・海岸・林間などに設け、新鮮な空気と日光とを利用する、特に結核の療養所、という意味であり転じて、健康のための地域、場所のような意味に現在は使われています。温泉をサナトリウム的に捉えようとする方針が、この資格の名称からも現れています。

どちらの資格も人気の資格です。国際化や、東京オリンピックの影響で日本文化の人気が沸騰中の今、温泉に関する資格はいま、熱いです。この2つのどちらがいいなどはありませんが、ご自身にあった資格を選んでください。贅沢言えば、2つともとれば、かなり転職や、自身の仕事に有利に働きます。

口コミ評判

ここでは、銭湯ソムリエの口コミについて書かせていただきます。

やはり、資格を取られた方はこの資格にかなりの利便性を感じているようです。旅行会社の方や、温泉業界に従事している方、観光業の方は資格を取られて、より自分の能力を客観的に評価してもらえるようになったり、仕事に自信をもって取り組めるようになったという声が挙がっています。やはり、資格取得は他人からの評価はもちろんですが、自分自身の自己評価をも挙げてくれるものになるのですね。また、資格を取得された方は試験の制度と通信講座の質の高さについて賞賛していました。試験は、日本インストラクター技術協会が管理をしています。試験は自宅申し込みand自宅受験のスタイルで、遠方の方や、なかなか試験地まで移動のできない方にかなりの利便性を発揮します。試験自体も2カ月に1回とハイペースで開いているので、再チャレンジしやすいものとなっています。そして、通信講座なのですが、諒設計アーキテクトラーニング通信講座や、SARA SCHOOL JAPANをはじめとする、通信講座は銭湯ソムリエの対策講座を用意しています。テキストがかなりわかりやすいものとなっており、質問もプロの方に聞けるものとなっています。最後まで読んでいただきありがとうございます。いかがでしたか?興味を持たれた方は、通信講座と一緒に銭湯ソムリエについて、お調べください。試験に受ける際はぜひとも合格すことを願っています。
温泉観光  温泉観光

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です