ハンドメイドマイスター認定試験口コミ評判

ハンドメイドマイスター認定試験とは、ハンドメイドの作品を作るための知識とスキルが一定以上あるということが認定された人が取得できる資格です。

昨今ハンドメイド製品の人気が高まってきており、インターネットなどを見ればそれ専用のサイトもあったりします。

需要が高まってきているということは、供給したい人間も増えるということです。

自分の趣味でこれまでは自分のために作っていたものを販売するという方が増えてきており、クオリティが高ければ人気となりかなりの収入になるのではないでしょうか。

しかもそれは趣味の延長なので、楽しく稼げるという夢のような話ですね。

主婦の方の副業などでも人気です。じゅうトyンドメイドマイスター認定試験

また、このハンドメイドマイスターの資格を取得すれば講師として活動も可能ですので、教室を開くなど活動の幅はとても広いです。

そんな資格試験を行っているのが、「日本デザインプランナー協会」という機関です。

 

日本デザインプランナー協会とは?

 

日本デザインプランナー協会では、さまざまなデザインに関する資格試験を行っています。

デザインという技術は他人に自分の実力をアピールしづらいものだと思います。

そこでこの協会では客観的尺度の評価基準を設け、それを資格とすることで取得者の社会的地位の向上を図ること目的として活動しているのです。

それにより求職者はより自分をアピールしやすくなり、企業側は求める人材を探しやすくなります。

このほかにも多くのデザイン系の資格があるので、これから就職しようという方やステップアップを目指す方、趣味の幅をもっと広げたい方など一度この日本デザインプランナー協会を見てみてはいかがでしょうか。

 

【試験概要】ハンドメイドマイスター認定試験

 

こちらの試験ですが、

・受験料は1万円

・試験は2か月に1度

・在宅受験が可能

・合格ラインは70%以上の評価

・受験資格は特になし

試験範囲は、装飾用糸の扱い方から布製品の染め方、クラフトの創作スキルや知識が問われます。

ハンドメイドマイスターとは自分で作るだけでなく、他人に教えることも見られるので、しっかりと知識を身に付けておきたいところですね。

 

口コミ評判を見る!

 

「もともとハンドメイドで作成したものを販売していた。しかしそのうちにこの楽しさを他の人にも伝えたいと思い、講師として活動を始めた。この資格を取得する前は自分がこれまで手掛けてきたものや得意とするものしか教えていなかったが、この資格を取得するために勉強した知識や技術でもっと幅広く教えることが可能になった。講師としての仕事の幅も広がったうえに、自分の作品にも良い影響を与えている。結果キャリアアップしたと言える。」

「これまでは自分のためだけに作品を作っていたが、この資格の勉強をしたおかげで多くのスキルや知識が身に付きどこかに作品を出品してみようと思えた。書籍など自分の力だけで作っていたものが、勉強のおかげで体系的に知識を身に付けることができ自信がついた。」

趣味から仕事へ、副業を考えている方も定年後の趣味兼仕事を何にするか悩んでいる方はこの資格を取ることで周囲の評価が変わり、それが収入に直結するでしょう。

みなさんの生活がステップアップすること間違いなしですね。
ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

この記事を書いた人