カリグラフィー資格人気比較

カリグラフィー

みなさんカリグラフィーという言葉を聞いたことがありますか?カリグラフィーとはペンや筆を使い、文字をより美しく見せるための手法のことです。カリグラフィーは近年爆発的な人気を誇っていて、カリグラフィーを用いた、インスタグラムのアカウントやテレビなどでも多く取り扱われています。市場の発達につれて、カリグラフィーを学びたいという方も増えてきていて、それに合わせて資格の種類も年々増えてきています。現在では多数の資格が存在します。
そのため、資格を取ろうと思っても、「どの資格をとればよいかわからない」と悩んでしまう人が多いです。自分の予算や目的にあった資格を取ることが大切ですが、それがわからず、意図しない資格を取得してしまう人も珍しくありません。
そこで本日はそんなどれが自分にあった資格なのかわからないという人のために、この資格について、オススメ順に比較形式で準備したので是非参考にしてみて下さい。

★ カリグラフィーデザイナー

こちらは日本デザインプランナー協会主催の資格で、十分に実力を証明してくれる資格である上に在宅受験や70%以上の合格率を誇り、時間のない方や、スクールに通えないと言った方でも気軽に受験できます。また、受験料は1,0000円です。
こちらは、カリグラフィーについての基本的な知識はもちろん、その歴史やカリグラフィーを使う際にに必要になる道具などの知識をしっかりと学ぶことができます。実践的な技術はセンスによる部分もありますが、こちらの資格を取得しておけば、しっかりと基礎知識は身につけることができるのでいざ実践を始めたときにすぐに身につけることができ、大変効果的です。
こちらの資格は充実した講座が用意されており、諒設計アーキテクトラーニングが主催する講座を活用すると、学習、添削、卒業、試験申し込み、試験、資格取得というプロセスで資格を取得することができます。
一般の講座は59,800円で受講できるのですが、79,800円でスペシャル講座という講座も用意されています。こちらは、学習、添削、卒業、資格取得、という試験も受けることなく卒業と同時に資格をもらえるというまさにスペシャルの講座です。一見値段も高いように見えますが、資格の需要と価値をよく考えてみて、一般の講座がスペシャルの講座のどちらかを選ぶようにすると良いでしょう。

飾り文字インストラクター

こちらは日本インストラクター技術協会主催の資格で在宅受験や自宅レッスンが可能な資格となっています。こちらも受験料は1,0000円で充実した講座、スペシャル講座も用意されています。
こちらの資格は、飾り文字インストラクターとして、カリグラフィーのフォントの知識や、書き方を学ぶことができます。例えば、カリグラフィーのフォントである、イタリック体やゴシック対、マイナーなところであれば、カッパープレート体の特徴や書き方などの知識についても学ぶこともできます。こちらの資格は★のカリグラフィーデザイナーよりもより実践的な資格で、インストラクターと呼べるにふさわしい資格でしょう。基本知識だけでなく、様々なフォントの種類、実践としても学びたい方には大変お勧めの資格になります。
先ほども言った通りこの資格は他人に教えることができるレベルであると認められた人にのみ送られる資格です。そのため、独立して開業できるというのも大きな魅力の一つとなっています。つまり、この資格を元にスクールを開き、講師業を営んだり、各地に赴いて講演することも可能です。転職や、開業、独立を考えているかたにはぴったりの資格です。

第3位 公益財団法人 日本手芸普及協会(JHIA)のカリグラフィー講師資格

こちらは、名前にもある通り、日本手芸普及協会主催の資格です。日本手芸普及協会とは、様々な日本手芸についての資格を提供している民間企業です。日本手芸の中でもカリグラフィー部門という形で資格取得、勉強することができます。こちらの学習指導体系としては、まず、本科を24時間以上、その後高等科を28時間以上、講師科を40時間以上、カリグラフィー指導員を40時間以上、その後カリグラフィー師範という流れになります。
パッと見てもわかる通り、かなりの時間が必要となり、現在就業中の方や、あまり時間が取れない方には現実的ではありません。実力証明や、実力はつきますが、取得までに要する時間、コスパなどを考えると、やはり3位が妥当といったところです。
しかし、時間もあり、ゆっくり時間をかけて確かなスキル、知識を取得したいという方にはおすすめできる資格ですので、ぜひ取得してみてはいかがでしょうか。

いかがでしたでしょうか?

今回はカリグラフィー資格人気比較を発表させていただきました。
カリグラフィーは今とてもブームでその資格にも大きな価値がありますので、正しい知識のもと行いたい、資格を元にスキルアップや、転職を考えているなどいった方に是非参考になれば幸いです。
カリグラフィー資格取得通信教育講座  カリグラフィー資格取得通信教育講座

この記事を書いた人