カラーセラピー認定試験口コミ評判

カラーセラピー認定試験とは、色の効果や原理、活用方法を問われる試験です。

そもそもカラーセラピーとは、別名色彩療法と言い、色の生理的効果や心理的効果を用い心身のバランスをとることを目的とした療法です。

ストレスの多い現代社会では、日々多種多様なストレスを多くの人が抱えています。

中には病気というレベルにまでなってしまう方もいるでしょう。

そこまでではない、けれどストレスが溜まってしまっているという方はかなりの人数、むしろ社会人のほぼ全員が何かしらのストレスに心を病んでいます。

そんな人々の助けとなるのが、このカラーセラピー認定試験です。

人は毎日多くの色に出会っています。

そしてその色には意味や効果が考えられてつけられているのです。

プロのカラーセラピスト、までは考えていなくても自分の部屋の配色や社内のデスクの一部をこの資格の知識を元に色付けするだけで、きっと心が軽くなる事でしょう。

またそれは他人へも有効です。

悩んでいる人や落ち込んでいる人に、色を使ったストレス解消やアドバイスが出来るのではないでしょうか。

また自分の部署の一角に何か心の落ち着く色のものを配置するだけで、多くの人に影響を与え職場の雰囲気も変わるかもしれません。

さらに仕事でも活用できることでしょう。

何か書類や色を決める場面で、この知識を元に狙った効果のある配色をすることでその仕事がうまくいく可能性を上げることもできます。

活用方法は無限大、取得すればどんな場面でも活かせるのではないでしょうか。

そんな「カラーセラピー認定試験」を実施しているのが「日本メディカル心理セラピー協会」という団体です。

 

 

日本メディカル心理セラピー協会とは?

 

日本メディカル心理セラピー協会では、心のケアを中心としたスキルの水準が一定場であるということを認定し資格を発行しています。

企業へのストレスチェック制度を始め、現在ではストレスというものが非常に注目されています。

社会の構造や人間関係が複雑化したことで、個人への心理的負担が大きくなったということが原因ではないでしょうか。

そのため、心のケアというのは多くの人が必要としています。

こちらの協会ではほかにもさまざまな資格試験を行っています。

心のケアに興味のある方や周囲に必要としている人がいるという方は、一度こちらの協会を覗いてみてはいかがでしょうか。

きっとみなさんの味方になってくれることでしょう。

 

【試験概要】

 

こちらの試験ですが、

・受験料は1万円

・試験は2か月に1度

・在宅受験が可能

・合格ラインは70%以上の評価

・受験資格は特になし

申し込みはホームページから可能です。

 

【必見】口コミ評判

 

「現在はカラーセラピーとは関係のない仕事をしているが、この資格を取得するときに得た知識はさまざまな場面で活かされている。考え方の一部にこの知識があり、なんとなく決めていたことも、この資格の知識を根拠にしてより良い考えが出来ていると思う。多くの人が毎日色彩は目にしていることだし、取得することは日常を豊かにするのではないかと思う。」

 

毎日見たり扱う色、に関する知識があることで考え方や判断が変わるというのは、これからの人生も変わる事となるでしょう。

より良い人生を考える方は取得すれば間違いなく、あなたを変えてくれるはずです。
カラーセラピー  カラーセラピー

この記事を書いた人