カラーアドバイザー認定試験口コミ評判

カラーアドバイザー認定試験とは、色が与える印象や心理的効果、それぞれの色の性質や特質を理解し実践の場で助言できるスキルがある人に贈られる資格です。

現在さまざまな場面で色は使われています。

服飾や建築、心理カウンセリングなど、どこにでもするのです。

それぞれの職種の専門的知識は別で必要ですが、この色は皆さんのキャリアアップに非常に有効に活かされることでしょう。

こちらの資格試験を行っているのが、日本デザインプランナー協会という団体です。

 

日本デザインプランナー協会とは?

 

日本デザインプランナー協会ではデザインに関する多くの資格試験を行っています。

デザインというものは客観的に評価がしづらく、その評価基準は主観的なものになりがちです。

それは企業からしても評価する人間により実際求めている人材を取り逃すこととなり、求職者やスキルをアピールしたい人間からしても、運任せになってしまうことになります。

そこでこの協会では、資格という社会的信用を目に見える形で与えることにより、取得者の社会的地位を向上させることを目的として活動しています。

これにより企業、求職者双方にさまざまなメリットが発生することでしょう。

これからデザイン関係の仕事を目指す方やキャリアアップをしたい方はぜひ一度、日本デザインプランナー協会を検索してみてください。

 

【試験概要】

 

こちらの試験ですが、

・受験料は1万円

・試験は2か月に1度

・在宅受験が可能

・合格ラインは70%以上の評価

・受験資格は特になし

申し込みはホームページから可能です。

 

また、「日本デザインプランナー協会」認定の通信講座を受講するとコースによって試験免除で資格が取得できます。

毎日の勉強の時間配分も無理のないもので、いつも資格勉強を途中で挫折してしまう方や、忙しくて自分の予定ではなかなか取得が難しいという方はいっそのことこちらの通信講座で受講してみてはいかがでしょうか。

卒業時に卒業試験を行うだけですので確実に資格が欲しい!そんな方にはおすすめです。

 

【注目】口コミ評判

 

「アパレル関係の仕事をしている。洋服と色は切っても切り離せないもの、と思い今回受験することにした。取得するために勉強した知識は、お客様へコーディネートの提案をするときに非常に役に立っている。店頭のディスプレイをするときにも活用している。」

 

「建築設計の仕事をしていて、景観や建造物との関係に色が重要な役割を果たしていると感じカラーアドバイザーを取得することに。今後は建築物の配色を考えるときのデザイナーとの打ち合わせでも、自分の知識を含めた良い設計が行えると感じる。」

 

「有名な試験だったのでしっかりと勉強して受験した。取得後は周囲からすごいと言われることが増え、それだけでも取得してよかったと満足している。人から褒められる機会は年々減っているが、資格を取得したことで褒められるというのは気持ちが良い。色に関しての自信だけでなく、なんだか自分自身にも自信が持てた。」

 

色はさまざまな職種で活用されています。

しかも色一つで人への印象ががらりと変わるので、その役割はとても重要です。

褒められて自分に自信が持てたというユニークな意見もありますね。

仕事への自信、自分への自信どちらにせよ資格取得はみなさんの味方となってくれることは間違いないでしょう。
カラーセラピー  カラーセラピー

この記事を書いた人