カップケーキ資格人気比較

カップケーキ

ホットケーキに次ぐ、手作り菓子の定番である「カップケーキ」。一時期、マグカップに入れて作るカップケーキが大流行し、作った経験のある人は多いのではないでしょうか。

作り方が簡単でサイズも小さいので、一度にたくさんの数を作ることが出来ます。上にクリームやナッツ等のトッピングを加えたものや、中にチョコチップやドライフルーツを混ぜたものなど、バリエーションも豊富です。
美味しいだけでなく、デコレーションによって様々なデザインができ、見で楽しめるのも魅力の一つです。そのため、可愛いものが好きな子供や女性たちにも大人気のお菓子です。

作るだけなら簡単ですが、そこから材料を混ぜる・換えるなどの工夫や、トッピングやデコレートで凝ったデザインしようとすると、中々上手くいかないものです。アレンジの幅が広いというのがカップケーキの特徴ですが、そのためにはお菓子作りにいて、基本から学ぶ必要があります。
今から紹介する資格は、カップケーキのレシピからデコレーションの方法まで、一から学ぶことが出来ます。お洒落なお菓子を作ってみたいけど、難しくて上手く作れないという方にもおすすめできる資格です。

★.カップケーキソムリエ

日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定する、カップケーキやマフィンに関する技能・知識を有していることを証明する資格です。

電子レンジやマグカップを使った簡単なカップケーキの作り方や、小麦粉や米粉を使った基本的なレシピの他、卵を使わない特殊なレシピまで取り扱っています。
また、材料に使うフルーツやナッツ類に含まれる栄養に関する知識や、基本的なレシピを応用したアレンジが出来る技術など、様々なカップケーキのレシピや知識・技術についての知識を有している証明にもなります。

基本的なカップケーキの作り方から、それぞれの素材の特徴を活かしたアレンジレシピまで学ぶことが出来ます。
飲食関係の仕事についている方や、カフェ・ショップの経営を考えている方に向いています。

マフィンソムリエ

日本インストラクター技術協会(JIA)が認定する、カップケーキやマフィンの作り方を理解し、かつ実際に作るための技術を持っていることを証明する資格です。基本のレシピから材料を変えたものやアレンジしたものなど、カップケーキの応用的な知識を求められます。

アレルギーに対応した卵や乳製品、フルーツや野菜などの食材といったカップケーキに使われる材料についての基礎知識や、小麦粉の置き換えで作るカップケーキ、あんこや抹茶などを使った和風のレシピについてなど、様々な応用知識・技能を要求されます。
また、バターやクリーム、トッピングを駆使したデコレーションの方法、その技術を活かした季節のイベントに合わせたカップケーキのデザインなど、実践的な知識も問われます。

資格取得後は、自宅やカルチャースクールでの講師活動が可能になります。カップケーキ作りの高度な技術や、デコレーションによるデザインの技量などを証明したい方にお勧めする資格です。

日本サロネーゼ協会(JSA) ・カップケーキデコ

一般社団法人 サロネーゼ協会(JSA)が主催する資格です。「講師」として必要な技術・教授法を広く学ぶことが出来ます。カップケーキの基本から実践までを学ぶ広範な内容の為、初心者からでも受講できます。

カップケーキのデコレーションに必要な技術を幅広く取り入れ、高度な技術やテクニックを実践形式で学んでいきます。デコレーションの基本的な要素から講師として教授する際の知識まで、一から実践知識を身に付けることが出来ます。

資格取得後は協会のサポートを受けられます。レッスンに使用する道具の先行販売や割引販売、スキルアップ講座や交流会、海外研修への参加など、様々な支援を受けられます。

カップケーキについて深い増資がある方で、その知識や技術を事業に活用したい方、講師として開業できるレベルを目指したい方など、プロまたはプロ目指す方々のステップアップとして、最適な資格です。
もちろん、お菓子作りの初心者からでも学べるので、カップケーキの作り方を学ぶと同時に、業務にも活用できる資格が欲しい方にもお勧めします。
カップケーキ資格  カップケーキ資格

この記事を書いた人