エクステリア心理士認定試験口コミ評価

エクステリア

現代の日本では、うつ病発症者の増加などに見られるように、精神的なストレスを抱えている人が非常に多くなっています。現代の日本人は、職場や学校、家庭内などで日々ストレスにさらされており、メンタルヘルスのケアの必要性が非常に高まっています。この「エクステリア心理士」は、そういった心の問題に、建造物や工作物が人の心理にもたらす影響によってアプローチするお仕事です。

 

エクステリア心理士とは

この「エクステリア心理士」は、エクステリアの専門知識や、それが人の心理にどういった影響をもたらすのかといった知識を持ち、心理アセスメントや心理アドバイスを行うお仕事です。

エクステリアとは、建造物や工作物などの外観のことを指します。普段の日常生活の中で、建造物が人にどういった心理をもたらすのかということは意識することは少ないかと思いますが、公共物や商業施設などの建造物はそれらのエクステリアが人の心理にどのような影響を与えるかということが細かく考慮されています。建築業界では、建物の外観から得られる視覚的情報がどれほど人の心に影響を与えるのか、広く認知されているのです。

エクステリア心理士は、そういったエクステリアと人の心との関わりについての専門知識を使い、医療や福祉の現場で活躍します。心のケアを必要とする人にカウンセリングを施したり、自らの専門知識と経験を伝えるためにカルチャースクールなどでの講師を担ったりすることが期待されます。

類似の資格で「エクステリア心理カウンセラー」がありますが、カウンセリング専門に従事する専門家というイメージのあるこちらとは異なり、このエクステリア心理士は、講師としての活躍の場もあります。

 

エクステリア心理士の口コミ評価

エクステリア心理士を受験した方からは、

「カウンセラーとして得た知識を、将来的に、講師となって広めたいと考えている私にとってとても有用な資格です。」

「人の心理に興味があるため受験した。構築物がどんな心理的変化を与えるのかといったことがとても興味深かった。」

「就職活動の際、アピールポイントになった。」

「介護士として働いている者ですが、介護施設でも庭にどのようなものを設置するだとかいうことが、人の心理においてとても重要なのだなということが理解できました。」

という声が寄せられています。私たちの無意識下で、エクステリアがどれだけの心理的影響を与えているのかを知り、驚いたという声もありました。

 

試験の概要

エクステリア心理士認定試験は、日本インストラクター技術協会の主催する資格試験です。

受験資格       なし (誰でも受験可能です)

受験料         10,000円(消費税込み)

申し込み       インターネット上

合格基準       約70%

出題内容       エクステリア概論・心理学基礎など

エクステリア心理士の通信教育も各種用意されているので、なかなか勉強するお時間が取れないという方でも、通信教育による効率的な学習が可能です。利用すれば合格可能性が高まることでしょう。

 

さいごに

エクステリア心理士は、人の心理とエクステリアの関係を学びたいという方にとってステップアップの一助になることでしょう。
エクステリア心理カウンセラー  エクステリア心理カウンセラー

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です