インド料理資格人気比較

インド

インド料理のなかでも、一番流通している料理は「カレー」でしょう。インドの料理と聞いて、多くの人が真っ先に思い浮かべる定番料理ですが、世界に広まっているカレーと、本場のカレーは大きく異なります、本場のインド料理を食べたことがある方は、その違いに驚いたかと思われます。

インド料理のメニューの根底には、人口の大多数を占める「ヒンドゥー教」の思想にあります。ヒンドゥー教をはじめとしたインド発祥の宗教は「非暴力・非殺傷」を唱え、また、動物を神に捧げる神聖な供物としていたことから、食肉が禁止されていました。その為、野菜を中心とした料理が発達してきました。
油脂やゼラチンなども含め、一切の動物を食材として使用することは禁止されていましたが、動物を殺傷することなく手に入れられる乳製品は、使用を許されていました。

インド料理は野菜の他、乳製品や香辛料を使用したものが中心です。高温多湿のインドでは食物の腐敗を防ぐ必要があり、スパイスやハーブなど、更新料が育つのに適した環境でもありました。
また、インドの土地は広大で、様々な民族が独自の発展を遂げてきました。その為、地方によって料理が大きく異なるのも特徴です。例えば、北インドはインド有数の穀倉地帯であり、チャパティやナンなどのパン類が中心です。西インドでは厳格な菜食主義者が多く、野菜中心のレシピが大半です。

長い歴史と多様な文化によって、様々な発達を遂げてきたインド料理。この料理を知ることで、野菜料理のレパートリーを増やせるほか、多彩な料理を通じてインドの歴史を学ぶことも出来ます。
今回は、人気のインド料理に関する資格をご紹介いたします。この資格取得を通じて、インドの広い文化と伝統に触れてほしいと思います。

★.インド料理ソムリエ

日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催する資格です。インド料理の作り方や食材・スパイスの種類などに関する知識を有していると証明されます。

インド料理に使われる米、小麦製品、肉類や魚介類、野菜や果物、乳製品・発酵品などの食材、チャツネなどインド料理の付け合わせや、菓子・飲み物などのレシピやフェンネル・アニスといったインドの代表的なスパイスの種類・使い方に関する知識が求められます。
資格取得後、自宅やカルチャースクールなどで講師活動が可能になります。
インド料理の入門となる資格である為、まずは基本から学びたい人にお勧めしたい資格です。

インド食文化インストラクター

日本インストラクター技術協会(JIA)が主催する資格になります。インド料理の成り立ちや地域における料理の違い、インドの食文化について、世界や日本におけるインド料理に関する知識を有していることが証明されます。

インド料理の歴史定期背景や、ヒンズー教やイスラム教なといった多数派宗教から、シーク教など少数派の宗教の食事について、インドの食事作法や菜食・非菜食の食事の違い、各地域における料理の違い、イギリスやアジアなど他地域で貼ってインしているインド料理など、インド料理についての風解知識が求められます。

上記の資格と同じく、資格取得後は講師としての活動が可能になります。
幅広いインド料理の知識や、インド料理に関わる歴史に深い造詣を身に付けたい方に目指してほしい資格です。

カレーマイスター

日本野菜ソムリエ協会が主催する資格です。名称の通り、「カレー」についての専門知識を学ぶことになります。「カレー」という食文化を通じて食生活をより豊かにするため、カレーの魅了を広く伝えることのできる人材を「カレーマイスター」として認定します。
カレーに関する様々な知識の習得に努め、カレー文化の発展や社会貢献に献上できる方に授与されます。

カレーやスパイスの奥深さ・魅力を知り、楽しむコースとなります。カレーの歴史や種類ついての知識や、スパイスの種類や特徴、おいしく取り入れるためのコツなど、カレーの背景や基礎について学習します。
また、その知識を踏まえて、どのようにすればカレーを魅力的に伝えられるのかという、カレーの「プロデュース」方法を学習し、自分だけのカレーを作るための知識・技法を身に付けることを目指します。

数あるインド料理の中でも特にカレーが好きな方、カレーに関するあらゆる知識・技術を習得したい方、また、自身でカレーを自作しており、カレーのレパートリーを増やしたい方など、カレーの愛好家に是非とも受講していただきたい資格です。
インド料理資格  インド料理資格

この記事を書いた人