インテリアアドバイザー認定試験口コミ評判

インテリアデザイナー

インテリアアドバイザーとは、インテリアショップなどで顧客が求めている家具や雑貨など使った部屋作りを、知識に基づいた適切なアドバイスをする人間のことです。

簡単に言ってしまえば、家具屋さんに行ったときどんな家具を選んでどんなふうに配置しようか迷ったとき、いろいろと相談に乗ってくれてよいアドバイスをくれる人、となるでしょうか。

ある程度大きな家具屋さんに行けばその種類は何千、もしかしたら何万となるでしょう。

これでは一応イメージを決めて購入しに行っても迷う、実際私も買うものを具体的に決めていても迷いました。

最終的には自分で決めるのですが、有用な情報は欲しいしもしかしたら自分で考えていた以上にアドバイスのおかげで素敵な部屋作りが出来てしまうかもしれません。

これが個人の趣味や好みでのアドバイスとなると説得力にかけますし、アドバイスというより営業文句としか聞こえず聞き入れられないでしょう。

しかし、実際部屋作りに関する知識がある人からのアドバイスなら安心して聞き入れられ、積極的に取り入れようと思ってもらえるのではないでしょうか。

そこでこのインテリアアドバイザー認定試験の出番です。

資格を取得するにあたり家具の材質や種類、ブランドに関する知識、さらに照明はどのようにすれば効果的に見えるかなど多くのことを勉強することになります。

商品の知識だけではなく、部屋に配置する際のコーディネートについても学びます。

これだけの知識があるというのは迷っているお客様にとってとても心強い味方に感じることでしょう。

社内でもこの資格があれば、自分自身取得前とは違い根拠のあるアドバイスが可能になり自分の発言に自信が持てるようになるのではないでしょうか。

それが売り上げアップにつながる、というのは決して考えすぎではないように思います。

また、周囲の評価は間違いなくあがりキャリアアップにもつながります。

転職の際にもこの資格があるとないでは企業の受けの差は歴然とすることでしょう。

このインテリアアドバイザーですが、インテリアデザイナーと間違えられることが多いようですが、全く違うものです。

同じインテリアを扱うという意味では似ていますが、インテリアアドバイザーがショップなどで販売する際にアドバイスやコーディネートをするのに対し、インテリアデザイナーは建築物のインテリアをデザインし、材料の原価なども計算します。

使う場面も職種も基本的には違う、と言えるのではないかと思います。

インテリアアドバイザーの方がどちらかと言えば取得しやすいようですので、これからインテリア業界を目指す方はまずこちらの資格を取得してみてはいかがでしょうか。

このインテリアアドバイザーですが、「日本デザインプランナー協会」という機関が試験を実施しています。

 

日本デザインプランナー協会って何?

 

こちらの協会では多くのデザイン系の試験を実施しています。デザインを評価する基準というのはわかりづらく難しいので、デザイン系の仕事に就きたいという方はどのようにアピールすれば良いのか困ることもあるでしょう。

しかし資格という知識の証明があることで、一定の水準の技術と知識があることをアピールでき、企業側からしてもその個人の力量を測りやすくなります。

これからデザイン関連のお仕事を目指す方は日本デザインプランナー協会を一度覗いてみてくださいね。

 

【試験概要】インテリアアドバイザー認定試験

 

・受験料は1万円

・試験は2か月に1度

・在宅受験が可能

・合格ラインは70%以上の評価

・受験資格は特になし

 

口コミ評判

 

「資格取得前からインテリアの販売を行っていたが、自分の知識でアドバザーと名乗ってよいのか正直疑問だった。しかしこの資格を取得したことで、知識に基づいたアドバイスができるようになり、胸を張ってアドバイザーを名乗れるようになった。」

 

仕事をするうえで自信、というのはとても大切なものですよね。それは間違いなく仕事の質向上につながることでしょう。
インテリアデザイナー  インテリアデザイナー

この記事を書いた人