イタリア料理資格人気比較

イタリアン

今やレストランの定番メニューとして定着しているイタリア料理。ピザやパスタを始めとしたトマトやチーズをふんだんに使った贅沢な料理は、最早口にしたことのない人が珍しいという程に、日本を含めた世界中で広く流通しています。

イタリア料理の歴史は古く、古代ローマ帝国まで遡ります。古代ローマの人々は、よく食べる国民であることでも知られ、生活の中でも特に食事の時間を大切にしていました。腕利きの料理人たちが腕を振るって料理を作り上げ、目覚しい発展を遂げてきました。

2010年にはギリシャ、スペイン、モロッコに並ぶ「地中海の食事」として、国連教育科学文化機関の無業文化遺産(UNESCO)に登録されており、その伝統の重みが解ります。
フランス料理と始めとして、イタリア料理を基盤とした、または影響を受けた料理は数多く、イタリアは欧州の中でも特に優れた食文化を築いていたと言われています。

世界中の人々から愛され、親しまれているイタリア料理。その資格をご紹介します。是非とも取得を目指して、その素晴らしい食文化を堪能していただきたいと思います。

★.イタリア料理ソムリエ

日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催する資格です。イタリアンに関する、基礎的な知識を有していることが証明されます。

イタリア料理に使用される野菜や果物などの食材、オリーブやチーズ、食肉加工品などといった加工品の伝統的な製法や保存方法といった材料に関する知識や、地方ごとの料理の特徴や種類などの料理の基本的な知識を要求されます。

また、イタリアンのコース・メニューの構成や、食べ方や正しい食器の使い方といった、食事中のマナーなど、イタリア料理を食べる際に欠かせない知識についても求められます。

まずはイタリア料理の基本から身に付けたい方や、日常でもイタリア料理を楽しみたい方にお勧めです。また、飲食業界でも人気のある資格なので、実務に生かしたい方にも推奨します。

イタリアンコーディネーター

日本生活環境支援協会(JLESA)主催の資格です。イタリア料理の食材や作り方、食材の組み合わせ方といった調理に関する知識だけでなく、メニューの構成・選択、ドルチェやカフェの料理の相性を理解し、尚且つ実践的にコーディネートが可能な技能を有していることが証明されます。

アンティパストやプリモピアット・セコンドピアットなどそれぞれの料理に適した食材の組み合わせ方、トマトや生ハム・サラミなどの加工肉、パスタなどイタリア料理に使用される代表的な食材や、ビネガー、ハーブやスパイスといった調味料の正しい使用法・レシピについての知識を有していることも認定されます。

イタリア料理の多様な食材、調理法といった応用的な知識を学びたい方や、料理のレパートリーをもっと広げたい方にお勧めします。食材の組み合わせを知ることで、イタリア料理の幅がさらに広がることでしょう。

イタリアンマイスター

日本能力開発推進協会(JADP)の主催する資格です。日本一予約の取りにくいイタリアレストランとして有名な、「LA BETTLOA da Ochiai」のオーナーシェフ「落合務」が教示する調理ポイントを通して、本格的なイタリア料理の技術を身に付けることが可能です。

イタリア料理における火や塩の加減、前菜やメインなど、それぞれの料理における基礎的な知識などを、「落合務」流の調理法から学ぶことが出来ます。

合格者には「落合務のイタリアンマスター」の称号が付与され、イタリアンの料理人として、更なる活躍が見込めます。

プロの知識と経験によって編み出された調理法を学ぶことのできる、貴重な資格です。知識・技術の向上はもちろんのこと、プロとしての第一歩を踏み出したい人に、是非取得を目指してほしい資格です。

イタリア料理研究家1級

日本イタリア料理協会(ASCIG)主催の認定試験です。イタリア料理研究家としての専門的な知識・技能を習得したと認められた方に授与されます。

必要な知識として、イタリア20州にあるそれぞれの地方料理や特産物についての幅広い知識や、イタリア各地のワインの品種や産地などに関する詳細な知識が要求される、専門性の高い資格です。
その他イタリア語のレシピを理解できる誤解力が必要になります。

イタリア全土の郷土料理について、100メニュー且つ100時間を履修し、50種類のイタリアワインに関する詳細な知識を学んでおり、尚且つそれらを説明できる実力が求められます。
本格的にイタリア料理のプロフェッショナルとしての活動を考えている方や、または飲食店でイタリア料理の調理に従事している方は取得して損はありません。

イタリア料理研究家認定試験3級

上記の認定試験よりも、初心者に向けた基礎的な内容の資格です。イタリア20週全土の伝統料理・ワインについての基礎といった、イタリア料理に初めて触れる人向けの資格です。

また、料理だけでなくイタリアの食習慣や地理・気候など、イタリア本土の簡単な知識や、イタリア各地の代表的な料理と州の名前、伝統料理の由来といった、料理そのものよりも地理や由来などの背景的知識が要求される資格です。

料理だけでなく、地方ごとの習慣や地理といった、幅広い知識が求められます。料理を学ぶ前に、まずはその背景から学習してみても良いでしょう。
イタリア料理資格  イタリア料理資格

この記事を書いた人