ふぐ調理師の資格とは

shikakumatome

「猛毒を持つふぐを捌いたり、調理するための専門家」

ふぐ調理師は、猛毒を持つふぐを捌いたり、調理するための資格です。ふぐを取り扱う店では“ふぐ調理師”を置くことが通常義務付けられています。また、基本的に有資格者以外がふぐの調理業務を行うと罰せられます。しかし、都道府県の条例によってはふぐ調理師の指導や監視下であれば免許がなくともふぐの調理業務を行うことができる場合があるだけでなく、免許・資格取得やフグの取扱いの届出に関しても違う事が多くあり、中にはフグの取扱そのものの条例が無いため、簡単にふぐの調理を行えてしまう県もあるほどです。

メリット

料亭、旅館、ふぐ専門店などへの就職・転職が考えられます。単なる調理師よりも給与水準が高いこともあり得ます。

難易度

都道府県によって難易度は大きく異なります

オススメ度:4(5段階中最高が5)

ふぐ調理師の資格は高級料亭の板前なら持っておくべきであります

資格概要

  1. 資格の種類
    • 公的資格
  2. 受験資格(東京都福祉保健局の場合の参考として記述)
    • 調理師法による調理師免許を持っている者
    • 以下いずれかに該当する者
      • 東京都知事の免許を受けたふぐ調理師の下で、ふぐの取扱いに2年以上従事した者
      • 上記の者と同等以上の経験を有すると知事が認めた者
  3. 受験内容(東京都福祉保健局の場合の参考として記述)
    • 学科試験
      • 東京都ふぐの取扱い規制条例及び同条例施行規則に関すること。
      • ふぐに関する一般知識
    • 実技試験
      • ふぐの種類の鑑別(3分間)
        • 出題された実物のふぐ(5種類)の種類名を解答する。
      • 以下の作業(合わせて20分間)
        • ふぐの内臓の識別及び毒性の鑑別
          • ふぐの各部位を「食べられるもの」と「食べられないもの」に区別し、各部位の名称を用意してある札で解答する。
        • ふぐの処理技術
          • 有毒部位を除去し、ちり材料の調理、皮引き(背皮、腹皮)を行い、最後に刺身(半身分)を調理する。
  4. 受験日
    • 各都道府県により異なりますので、詳しくは実施先までお問い合わせ下さい。
  5. 受験場所
    • 各都道府県により異なりますので、詳しくは実施先までお問い合わせ下さい。
  6. 受験手数料
    • 各都道府県により異なりますので、詳しくは実施先までお問い合わせ下さい。
    • 19,700円(東京都福祉保健局の場合)
  7. 受験案内書受付
    • 各都道府県により異なりますので、詳しくは実施先までお問い合わせ下さい。
  8. 合格基準
    • 各都道府県により異なりますので、詳しくは実施先までお問い合わせ下さい。
  9. 結果発表
    • 各都道府県により異なりますので、詳しくは実施先までお問い合わせ下さい。
  10. 問い合わせ先
    • 各都道府県衛生局
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です