キッチン人気資格比較

キッチン資格

キッチンとは、料理を作る人にとって聖域とも呼ばれている場所です。
キッチンには意外に種類が多く、対面キッチンや壁付きキッチン、アイランドキッチンなどほかにも多くあります。名前は聞いたことがあっても、具体的にどのような機能が付いているのか、分かり兼ねるものも多いでしょう。
たくさんの種類の中から自分に合ったキッチンがどういうものかを考えることはなかなか難しいですが、家を建てるときや、リフォームの際には、いろいろなキッチンの中からもっとも自分に合った使いやすいキッチンを選びたいですよね。
そんなキッチンの知識を身につけることができるのが、キッチン関連の資格です。
資格を取得し、キッチンに詳しくなるとそれだけ自分のイメージを言語化しやすく、選びやすくなります。また、現在不動産業や建築業に従事している方にとっても、スキルアップに繋がるでしょう。
キッチン関連の資格はいくつかありますが、人気のものを特徴とともに比較形式でご紹介します。

1位 キッチン心理カウンセラー

『キッチン心理カウンセラー』は、日本メディカル心理セラピー協会認定資格です。
キッチン選びに必要な要素のひとつに、メンタル面もあります。
キッチンは毎日使うものなので、なるべくストレスなくスムーズに使えるものを選びたいですね。
『キッチン心理カウンセラー』の資格は、心理面からのキッチン選びの知識を得られるので、快適なキッチンとはどういうものかを考える上で、重要な資格となっています。
快適なキッチンはストレスなく使え、またキッチンに立つこと自体が癒しとなる場合もあります。
試験は2ヶ月に1度行われており、しかもインターネットから申請、在宅で受験できるので、気軽に試験を受けことができます。

試験内容:キッチンの基礎知識、心理学の知識、疾病の基礎知識など
受験資格:特になし
受験料:10,000円
受験申請:インターネットからの申込み
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上

キッチン心理士

『キッチン心理士』は、日本インストラクター技術協会認定資格です。
この資格では、キッチンの知識だけではなく、倫理や心理の知識も身につけることができます。
その人に合ったキッチン選びができるようになるので、家事が苦手な人に合わせたキッチンや、いろいろな料理を作りたいと思っている人にぴったりのキッチンを選ぶことができるようになります。
資格取得後は、アドバイザーとしてカルチャースクールとして講師として活動したり、キッチン関連で悩んでいる方にアドバイスしたりできるようになります。

試験内容:キッチンの基礎知識、心理アセスメントの基礎知識など
受験資格:特になし
受験料:10,000円
受験申請:インターネットからの申込み
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上

3位 キッチンスペシャリスト

『キッチンスペシャリスト』は、インテリア産業協会認定資格です。
この資格は、その家に住む方に快適で使いやすいキッチンを提供するための知識を得ることができます。
住居にとってキッチンがどの立ち位置にあるかについても学べるので、現在住宅関連の仕事に就いている方のスキルアップにも繋がります。
資格取得後は、建築、リフォーム、インテリア、住宅設備業界などでキッチン選びのプロとして活動することができます。
試験には実技と学科があり、実技は記述式、学科はマークシートになっています。

試験内容:住居と食生活の知識、キッチン空間・機能について、キッチン設計施工の知識、キッチン販売のノウハウなど
受験資格:特になし
受験料:14,000円
受験申請:インターネットからの申込み、または郵便局からの申し込み
受験方法:全国各地の会場
キッチン心理カウンセラー  キッチン心理カウンセラー

この記事を書いた人